FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
15
 
今日はTOHOシネマズデイ。
TOHO系映画館で1,000円の日です。
最近、1日以外にもこんなサービスデイを設定している映画館が増えてきましたね。
非常にいいことです。
そろそろ、1,000円割ってみるか?

ということで、本日は“モールス”を観てきました。
kkm35-01.jpg
前回に引き続き、役者で選んだこの作品。
ヒロインがクロエ・グレース・モレッツです。
誰かって?
忘れちゃいけませんよ、今年のNo.1映画、キック・アスのヒロイン、ヒットガールですよ。
なかなか、いい演技をしてましたよ。

この映画、原作は同タイトルの小説で、2010年にスウェーデンで製作された
“ぼくのエリ 200歳の少女”のリメイクです。
監督はマット・リーヴス。“クローバー・フィールド”の監督です。

感想としては、意外な当たり!
面白かったです。
ちょっとしたネタバラシをすると、このヒロイン(アビー)がヴァンパイアなわけです。
で、主役のいじめられっこで家庭不和の少年(オーウェン)と恋に落ちる、ラブストーリーです。
映画紹介サイトでは、サスペンスホラーってなジャンルになっていますが、
これはれっきとした、そして切ないラブストーリーです。

ヴァンパイアの特性としての不死身という性質がアビーに呪いのように降りかかっています。
普段は12歳の少女。そして、永遠の少女。
何年生きているのか自分でも分かっていないが、外も中も12歳の少女なのです。
ずっと孤独に12歳でいつづける孤独さに学校ではいじめられ家では両親が離婚協議中で
どこにも居場所がない孤独なオーウェンと惹かれ合い、12歳同士の淡い恋に落ちます。
中盤から、アビーの正体を知ってしまったオーウェンの葛藤から続くエンディングは
とても切ない正真正銘のラブストーリーになっています。

そこにサスペンスとホラーのエッセンスを足した感じのこの映画、
周りからは、私らしくない選択といわれながらも、正解の選択でしたね。

ただ気に入らないところが一つ。
それは、この映画のタイトル。
原題はLET ME IN。入ってもいいですか?って意味です。
この邦題は、元の原作からもってきて、“これなら別に文句ないだろ”的な打算が見え隠れします。
映画紹介でも、逢うことを禁じられた二人は壁を挟んでモールス信号で愛をはぐくむ…
なんて、書かれていますが、原作での扱いは知りませんが、この作品において
モールス信号による会話は、さして重要なものではありません。
重要ではありますが、それは二人の感情を表すツールの一つとして描かれています。
だって、モールス会話に訳がないんですよ。
二人がどんな会話をしているか分からないんです。
これは監督の意図が観客を惑わそうとしているのではなく、訳す必要がないからなんです。

では、原題はどういう意味があるのか?
皆さん、ヴァンパイアの特性を知っていますか?
1.日光を浴びることができない
2.銀が苦手
3.十字架が苦手
4.にんにくが苦手
5.主が招き入れないとその屋敷に入ることができない
この5番なんです。
オーウェンの家に入れてと言うアビーに対して、対応することができないオーウェンは
明確に招き入れる意思を表さずに…
ここが切なくもお互いの気持ちを明確にする大切なシーンなんです。

こら、配給会社!
ちゃんとタイトル考えなさい!
原題は、この切なさとヴァンパイアストーリーであることをほのめかす素晴らしいタイトルなのに!

ということで、次はネタバレです。
お気をつけて。





この作品の素晴らしいのは、この主演の二人の子役の演技によるところも大きいのですが、
監督のテクニックの素晴らしさも非常に重要な要素です。
特に、ストーリーの回し方。
そして、説明せずとも必要な背景や感情を小物や演者のタイミングで説明しきってしまうところに
感心せずに入られません。
前回の説明全くなし、観客にどちらにも感情移入させないと言う煙のまき方で
終始もやもやしっぱなしだった“エッセンシャル・キリング”とは、えらい違いです。
映画はこうでなくっちゃ。

冒頭は、ストーリーが開始されたあとの2週間後の事件から始まります。
当然、観客はどんな事件が起こったかはわからないんですが、いろんな伏線をはり、
今後のストーリー展開にグイグイ引き込みます。
冒頭からタイムテーブルを入れ替える手法は“パルプ・フィクション”からメジャーになり、
今では見慣れた手段なんですが、このシーンは全体のほぼ中盤あたりのシーンなんですね。
そうか!そういうことか!と合点がいった時点では、まだまだストーリーが転がっていくさなか。
ますます、引き込まれます。
ウマイです。

また、アビーと“父親”との関係の描き方。
明らかに年齢の離れた親子という印象ではある。
壁越しに聞こえる叱責の声。
しかし、“父親”をアビーが後ろから触るシーンは娘のそれではなく、女なのである。
あれ?そういう親子?なんて疑問を抱きつつ、後半では
今と変わらないアビーと少年時代の“父親”の写真を見つける。
そう、この“父親”も過去はオーウェンと同じ少年の頃にアビーに魅了された、
いわば元恋人なのである。
そして、長年の付き合いから恋人感情がなくなりパートナーとなっている関係に
前半での叱責の仕方も納得がいく。
ウマイです。

そして、徐々にアビーに惹かれていくオーウェンの心の揺れ動きや
12歳であるが故の危うさに感情移入する頃に発見する先ほどの写真。
彼と同じ運命をたどることを案じさせる写真。
少年ゆえなのか、真実の愛ゆえなのか、その恋心に突き進むオーウェンを
観客は切なくも複雑な気持ちで見送ることになる…
ウマイです。

最後のモールスは、二人の安心の表現ではあるが、異なる世界を共に歩まなければならない
ことの明確な表現でもあり、さらに観客を切なくさせる。
ウマイです。
ここでも、モールス会話は訳されず…。
やっぱり、原題が…。

今回はかなり熱くネタバレを語りましたが、
映画として、かなり面白い作品でした。
公開の雰囲気では、そんなに長くは上映されなさそうですが、オススメです。
R15なので、子供とは見に行かないほうがいいです。
結構、血がドヴァーっと流れます。
ホラーとしても見せ方は十分です。
サスペンスとしてのドキドキハラハラシーンもバッチリ、ドキドキさせてくれます。
たぶん、これは恋人同士でみる映画なんですね。

といいつつ、私は会社の人間(オッサン)3人で観に行ったんだけれども…









全然関係ないけど、マリオ30周年動画(非公式)




ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

2011.09.15 Thu 01:51  |  

こんばんわー

おもしろそうですね~^^
ヒットガールのあの子ですかぁ~
こんな映画あることすら知りませんでしたw

さっそく観てみます(^ω^)

2011.09.16 Fri 08:16  |  Re: タイトルなし

私も知りませんでしたw
TOHOの上映映画の中からフィーリングで決めました。
映画って、観る前の期待値が観た後の評価にも影響しますよね。
あまり、レビューで持ち上げて、観る前の期待値をあげちゃうと
素直に楽しめないときがあるかもって思います。

ですんで、自分の場合は基本的にネットレビューは観た後に見るんですが、
それが失敗にもつながっているようで、複雑です。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/835-4ebbe9b4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday