FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
05
 
今日は朝から体がだるーーい。
奥さんがひいていた風邪の初期症状に似ています。
明日は、5時起きの名古屋~長野への日帰り出張。
こじらせるわけにはいかないので、奥さんの薬をもらったんですが、そのせいで眠い。
そんなときに何やってんだか。

さて、本日は、部分塗装です。
最近のプラモデルとはいえ、アニメの設定を100%再現できていることは珍しいんです。
ちょっとした部分を塗装することで、より愛着がわきますので、
ステップアップとして挑戦してみてはどうでしょうか?

用意するものはコチラ。
  jmc05-01_20110901103023.jpg
いっぱいありますね。
タミヤのエナメル塗料と専用溶剤
筆・塗料皿・混ぜ棒・爪楊枝・綿棒・デザインナイフ・目玉クリップ
あと、ティッシュぐらいですかね。

塗料は、その特性によって種類があります。
ラッカー・アクリル・エナメルがよく売っている種類ですね。
それぞれの特性についてはググってください。
かなり詳細な説明をしてくれている方がたくさんいます。

私の場合は、エアブラシはラッカー塗料で部分塗装はエナメル塗料です。
エナメル塗料は伸びがよくて、筆ムラが起こりにくいって理由です。
あと、ラッカーの上にエナメルを塗ってもラッカー塗膜を侵食しないってのも理由です。
逆は駄目ですが、エナメル筆塗りの上にうっすらラッカーを吹き重ねるってのもOKです。
筆塗りの上に筆塗りの時はこの関係をよく覚えておかないとぐちゃぐちゃになってしまいます。

で、更に気をつけないといけないのは、エナメルはプラ自身を侵食するという性能があるということです。
関節部や挟み込みダボ部に塗料が入ってしまうと元々のテンションがパーツを破壊してしまいます。
ここは気をつけないといけません。
何度も失敗しています。特に、エナメルでスミ入れをするときは予想外のところに流れ込みますので。
この侵食される材質はランナーにPSと刻印されているもの。

で、たまに関節パーツにABSと刻印されているものがあります。
こちらは、ラッカー塗料で侵食されることがあります。
一度に厚吹きは厳禁です。薄く吹き重ねてください。
完成したプラモが塗料で破損ってテンションがMAX下がりますからね。

色々書きましたが、今回はエアブラシ禁止ですので、エナメル塗料で部分塗装をしたいと思います。
あまり、気にせず塗装しましょう。
失敗したらその時!
失敗することで、成長していくんです。
人間関係と同じですね。



1.塗料を用意する
章立てする必要はないかもしれませんが、気分です。
  jmc05-03_20110901103022.jpg
塗料は、よく混ぜてください。
顔料と溶剤が分離していることがよくあります。
よく混ぜることが大事です。
混ぜ棒を使って、過剰気味に混ぜてください。
使い終わった混ぜ棒はティッシュでキレイにしておきましょう。
すぐに拭けば、キレイになりますから。

2.細かいところは爪楊枝で塗る
いきなり邪道ですが、爪楊枝で塗ることが結構多いです(私の場合)。
今回はココ。
  jmc05-02_20110901103023.jpg
股間のVマークですが、シールがはがれてきています。
こんな小さいシールを折り曲げて貼り付けること自体に無理があるんですよね。
うまく定着させられる方もいるかと思いますが、私的には無理なんで塗っちゃいます。

  jmc05-04.jpg
HGUC(1/144)などはパーツ自体も小さくオッサンの指では塗りにくくて仕方ありません。
こんなときは目玉クリップで挟んで、保持すると非常に塗りやすくなります。
また、塗った後の乾燥時もクリップがあると直接パーツを机に置かなくて済みますので便利です。

で、爪楊枝の先端に塗料をつけて、呼吸を止めて塗っていきます。
1回では塗り切れないんで、何度か塗料をつけてはちょっとづつ。
はみ出しても、溶剤でふき取れるので、気にしない。
…今回はキレイにできましたね。

3.筆で塗る
筆塗りです。
当然ですが、塗料はビンから皿に出しましょう。
筆にどれぐらい塗料を含ませるかビンの中だとわかりませんからね。
で、塗ってみました。
  jmc05-05.jpg
こんなバーニアみたいなパーツだと全周塗装するんで、目玉クリップは大活躍ですね。
シルバーは、クロームシルバーを使用。もうひとつフラットアルミなる色がありますが、
こちらの方が金属的な仕上がりになります。フラットアルミはその名の通りアルミっぽく
軽金属っぽくなってしまうので、持っていますがほとんど使いません。
シルバー系は、アクセントにもなりますので結構使ったりします。

4.筆を洗う
使った筆はすぐに洗浄しましょう。
  jmc05-06.jpg
塗料皿に専用溶剤を入れて洗います。
よく洗っておかないと、次に塗装するときに色が混ざってしまいます。
全ての塗装が終わったら、溶剤を流すために水洗いをした方がいいみたいですが、私はやってません。
だから、筆がすぐに痛むのかな?

5.調色する
大袈裟に言ってますが、色を混ぜて作るってことです。
部分塗装なんで、その瞬間使える量だけ作ればOKです。
  jmc05-07.jpg
塗料皿の上でグイグイ混ぜましょう。
エアブラシの時なんかは、失敗の時も見越して多めに作るんですが、
部分塗装の時はあまり余分を作りませんね。
色目も適当でOKです。←あくまでも私個人の場合です。
そうそう、私の場合、エナメル塗料は溶剤で薄めずに直接塗っていますね。
これがいいのか悪いのかわかりませんが、塗料の伸びがよく筆ムラが出にくいので直接です。
ラッカー系は適度に薄めて塗らないと筆ムラがすごいです。
ただ、薄めちゃうと塗り終わったときにどうしようか困っちゃうんですよね。
結局捨てるんでもったいないなと。
で、よく混ぜてください。筆塗りではキチンと混ざっていないとマーブルになったりしますから。

6.はみ出しを修正する
成形色で仕上げる最大のメリットは、この工程にあります。
塗料がはみ出してしまった時の対処です。
  jmc05-08.jpg
奥まった部分や細かい部分を塗装すると、絶対はみ出たりします。
絶対ではないかもしれませんが、はみ出ることはよくあります。
で、このはみ出た部分は、
  jmc05-09.jpg
溶剤をしみ込ませた綿棒でふき取ることでキレイになります。
また、デザインナイフの刃をカンナの様にあてて削り取ることで修正ができます。
下地も塗装されていると、こうはいきませんからね。
いくら削れたとしても、プラスティックの成形色が出てくるので、気楽に修正できます。
簡単フィニッシュ万歳!

ということで部分塗装が完了しました。
  jmc05-10.jpg
バーニアの中とか、部分塗装が隣接している部分はすごく気を使います。
こんなときは、最初に紹介していませんでしたが、
1色目を塗り終わった後に、光沢クリアー(スプレー)で吹きつけてから2色目を塗る
ようにすると、簡単に処理できます。
光沢クリアーを吹くことを面倒だと思わなければですが…。
この時の光沢クリアーはラッカー系のスプレーを使いましょう。
先日紹介したグレーの缶の種類です。“光沢”ですよ。
光沢クリアーの上からエナメル塗料を塗って、はみ出たら専用溶剤でふき取る。
下地のエナメル塗料は、ラッカーのクリアー層が守ってくれるので、色が落ちたりしません。
まぁ、はみ出ずに塗装できれば一番いいんですけどね。

ここで、つや消しクリアーを使用してしまうと、つや消しのザラザラ表面に入り込んだ塗料が
完全に拭きとれなくなって滲んだりしてしまいますので注意してください。
スミ入れもそうです。
つや消し表面の上からスミ入れしちゃうとふき取りがキレイにできません。
つや消しクリアーによるトップコーティングは、最後の最後で吹くようにしてください。


さて、次はスミ入れですが、一旦本日の塗装をきっちりと乾燥させましょう。
次回はエナメル塗料でのスミ入れをしたいと思います。
表面が乾いていそうでも、中が乾いてなくて失敗しちゃうこともあります。
よほど急いでいるのでなければ、ゆっくり、まったり行きましょう。
趣味に焦りは禁物ですよ。

ってか、あーーー、眠たい。




ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

2011.09.05 Mon 00:39  |  

体調悪い中お疲れ様です。
さらに、日帰り出張…。 ホント頑張ってください。


塗装の破損は、ワタクシもよくやります。
特にABSパーツ。 この間もクシャトリヤのバインダー
アームでやってますし、後はMGの指と指の間のパーツ。
すぐポキって逝っちゃいます。 ホント、テンション
下がりますよね~(;´Д`)

注意してやってもダメなんですよね…。 ハア…。


初めてのガンプラ講座、続き楽しみにしておりやす。

  • #-
  • ニイタソ
  • URL

2011.09.05 Mon 04:47  |  Re: タイトルなし

ABSパーツは事前に意識してないとヤバイですね。
私なんて、あろう事か塗装をはがすためにABSパーツをシンナー風呂に…
バキバキになっちゃいました。
ABSパーツは関節部が多いですので、破損しちゃうと復活が難しいですよね。
私も結構、パーツ請求してますよ。
破損したパーツ・紛失したパーツ・純粋に欲しいパーツなどなど。

  • #-
  • ツヨ
  • URL

2011.09.05 Mon 11:30  |  

季節の変わり目ですから
体調管理には十分ご注意くださいね。
お大事に!

塗りを始めると割れ対策は
永遠のテーマですね。

  • #-
  • ThreeNorth
  • URL

2011.09.05 Mon 20:28  |  

お久しぶりです~。

エナメル部分塗装で、塗装部が隣接する時は
いちどクリアーでコーティング、ってとこ!!!
目から鱗でした。20枚くらいwww

うーん、簡単フィニッシュも奥が深いです。
勉強になりました!

続き楽しみにしてます~♪

  • #-
  • kenta0824
  • URL

2011.09.05 Mon 20:32  |  

筆塗りが超苦手で困りもんなんですが、エナメルでちょっとやってみようかとゆー気になりました
黒、グレー系しか持ってないんですがw
ABSは油断するとすぐやっちゃいますよねぇ

ホイホイさん複雑骨折事件を思い出しましたwww

  • #-
  • ちょい
  • URL

2011.09.05 Mon 23:46  |  Re: タイトルなし

ThreeNorth様
多分今回も、ひきかけこじらせずコンボで終わると思います。
これも結構つらいですけどね。
割れは永遠のテーマですね。

kenta0824様
クリアーコートで一区切りってのは、前回のジムスナの時に発見しました。
へたくそなので、毎回確定しないと、全部やり直しになっちゃいますから。
これで大分気が楽になりました。
簡単フィニッシュも楽しいですよ。

ちょい様
あの悲劇を…。
憶えていてくれて光栄ですw
あれはひどかった。
パーツ以上に心が折れましたから。
でも、そうやって学んでいくんですね。

  • #-
  • ツヨ
  • URL

2011.09.06 Tue 02:26  |  

パーツ割れを如何にして防ぐかは、永遠の課題ですね~。

自分はエナメルシンナーの代わりにジッポオイル使ってますよ。今の所、割れは皆無です。

後は、パーツのダボ穴を拡げて、テンション掛からないようにすれば、ある程度は大丈夫だと思います。

  • #-
  • けんけ大佐
  • URL

2011.09.07 Wed 00:53  |  Re: タイトルなし

ジッポオイルでも割れたことあります…。
多分まだマシなんでしょうけど、塗りたくるのがいけないんでしょうね。
最初から基本工作をしっかりとストレス・テンションフリーにしておけばいいんでしょうけど、
結構、ズボラしちゃうんですよね。
そして、亀裂が…。
基本が大事ですよね。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/820-2660d522
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday