FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
17
 
本日は、いつもの内容を変更して、はじめてのガンプラということで記事にしたいと思います。
私達パダワン世代は、小学生の頃ガンプラブーム直撃世代です。
いつしか時が経ち、そんな私達も子供をもつようになりました。
今、ガンプラ作ってるお父さん方であれば、子供達がガンプラを作りたい!
って、言おうもんなら、もろ手をあげて大歓迎。
手取り足取り、教えてあげられることでしょう。
が、私達世代だからといって、ガンプラに触れなかった人も多数。
その頃だけガンプラを作っていて、今はプラモデルに触れていない人も多数。
そんなお父さん達の子供達が“ガンプラ作りたい”ってなことになった時のための
簡単な、ガンプラ入門的な記事です。

  今日は盆休み最終日。
  奥さん仕事で、チビ姫は保育所、あね姫は塾の夏期講習。
  ヒマなんですよね。
  ジムカス作れってか?
  作りますよ。明日からね。

では、本編です。

1.ガンプラを買おう
まずは、ガンプラを買わないことには始まりませんね。
基本的には、作る人が好きなMS(モビルスーツ:ロボット)のプラモデルを買うことが一番です。
簡単そうな、とか、塗らなくてもきれいそうな、とか考えるといけません。
作る子供が、完成後を楽しみにしながら作るのが一番いいんです。

さて、ここで最初の問題。
同じ機体でもいろんなバリエーションが発売されていることがあります。
現在のガンプラはグレード別に難易度やスケールが分かれています。
代表的なのは、
HG(HGUC/HGAC/HG等):ハイグレード。1/144サイズで価格も1,000円ぐらいからとお手ごろ
MG:マスターグレードと呼ばれる1/100サイズ 価格は3,000円ぐらいから
PG:パーフェクトグレード(1/60サイズ) 上級者キット。千越えのパーツ数も半端ない
RG:リアルグレード。MGの機構を1/144で再構築する挑戦的なグレード。パーツが細かい
上記のほかには無印のプラモたちもありますが、
小学生ぐらいのお子様で、初めてのガンプラであればHG(ハイグレード)シリーズがオススメ
好きな機体がラインアップされているといいですね。
tgc11-01_20110816161427.jpg
左がMG(マスターグレード)で右がHG(ハイグレード)の箱。
箱のどこかにMGやHGなんてグレードのロゴが入っているので、大きさとあわせて注意してください。

ガンダムは設定上、18mぐらいの巨大ロボットです。
プラモデルのスケールはこれを基にしていますので、完成品のサイズもこれに従っています。
HG(ハイグレード):12.5cm→1/144
MG(マスターグレード):18cm→1/100
PG(パーフェクトグレード):30cm→1/60
RG(リアルグレード):12.5cm→1/144
tgc11-02_20110816161427.jpg
同じ種類の機体のサイズ比較です
(以降の写真は、過去の写真を引っ張ってきてますので、結構辻褄があってなかったりもします。)
小学生には1/100は少し大きいと思います。

説明書とおりに作れば、誰でも完成させることが出来ます。キッチリ説明書に従えば。
器用とか、そうではなく、注意深ければ何とかなります。
私が始めて作ったのは確か、小学校1or2年生の頃だったと思います。
器用でも注意深くも無い子供でした。ん??誰でも作れるってことですね。

たとえ、MG(マスターグレード)であっても、完成させることは可能です。
より緻密に表現され、もちろんギミックを納得の出来栄えです。
ただ、パーツが多いんですね。
HG(ハイグレード)の3倍(いや、もっとか)ぐらいあるんじゃないでしょうか。
tgc11-03.jpg
上の画像はかの有名な“ザク”です。MG(マスターグレード)です。ザクの派生機です。
まずは、骨組みを作って、そこへ外装を取り付けていくような感じです。
骨組みの可動の仕組みは私たち大人が見ても、興味深いつくりになってます。指も動くしね。
これは、小学生が作る場合は忍耐が必要になります。
いくら好きな機体でも、完成までの道のりが長すぎると途中で挫折してしまいます。
HG(ハイグレード)を組んで、慣れてきたり、物足りなくなったらチャレンジしましょう。

さて、本日はこんな感じで続きます。
もう知ってるわい!ってな方はスルー推奨。
2.道具も買おう
その昔、私がお年玉を握り締めてガンプラを買っていたときは、
パーツ(ガンプラを構成する部品)をランナー(パーツがついている枠)から切り取るのは
家の爪切りを使っていました。手でもぎ取る子もいれば、歯で噛み千切る猛者もいました。
もし、お父さんが許せるのであれば、ニッパーを買い与えてください
プラモデル専用のもの。
で、どうせ買うならそれなりのものにしてください。刃物はケチっちゃダメです。
tgc11-04.jpg
これが、私の使っているニッパー。
タミヤの薄刃ニッパーです。実売2,000円ちょっとです。
プラモデルより高くなるかもしれませんが、この先色々と作るのであれば、あったほうがいいです。
ゲートのカット跡が綺麗です。
安物のニッパーだと、爪切りと大して変わらなかったりします。
極論は爪切りで、一度組み立てて、次も作りたいというのであれば買ってもいいかもしれません。

基本はこれだけです。

初期のガンプラはこんな感じで、
tgc11-05.jpg
塗装上等な製品だったのですが、最近は樹脂の射出成形技術も進化し、
一度に4色まで同時に成形できるようになってます。
また、バンダイも企業ですから、ガンプラの裾野を広げるために、パーツの構成も工夫し
組み立てただけで、設定のカラーをほぼ再現できるようになっています。
tgc11-06.jpg
これが最近のランナーです。
こうして、成形色(樹脂の材料色)だけであっても、満足の出来栄えになります。
当時の私はもちろん塗装なんてできずに、作ったままの状態で、脳内変換で色をつけて
満足できていました。今のガンプラを見ると卒倒するでしょうね。
綺麗にパーツさえ切り出せれば、誰でもかっこよくガンプラが完成する!

道具好きのお父さんは、ニッパーだけでは満足できないかもしれません。
そんな方への追加の道具はこちら。
tgc11-08.jpg
ピンセットです。
そんなに細かい部品があるわけではないんですが、あると便利です。
特にシールを貼るときに便利です。
どうしても再現しきれない細かい部分はシールで表現されることがよくあります。
このシールは、プラスチックに貼るんですが、のりの面をあまり触りすぎると、
手の脂がくっついて、密着性が悪くなります。そんなときにはピンセット。
出来るだけのりの面を触らないようにしましょう。

まだ足りない?
そんな方へは、
tgc11-09.jpg
ガンダムマーカーです。
部分的な塗装をしたいときに使いましょう。ただ、ペンのまま使うのは難しいかもしれません。
ここで注目なのが、画像下側の細いペン。
これは、ガンダムマーカーの中でも“スミ入れ”という作業に特化したマーカーです。
最近のガンプラには、リアルさの表現としてパーツ表面にスジが入っていることがあります。
実際にMS(モビルスーツ)が存在したら、装甲はここで分割されるだろう…的な線が入っています。
ここの線(溝)をこの専用ペンでなぞってやるだけで、グッと完成度が上がります。

父親の威厳を見せたい?
そんな方へは、
tgc11-10.jpg
デザインナイフです。
これは小学生に持たせると非常に危険です。非常に鋭利な刃物です。
パーツをランナーからニッパーで切った(ゲートカット)あとの処理や細かい部分の処理に使います。
詳細は割愛しますが、モデラーには必須のアイテムです。
父親専用のツールがあることで、尊敬を獲得することが出来るかもしれません。
(子供に見つからないようにコッソリ買いましょう)

で、塗装をせずに作ってみた感じ。
tgc11-07.jpg
これは、キットの成形色のまま、スミ入れ(動力パイプの溝と下腕の線を黒く塗った)をし
シールを貼って完成させたものです。
ほぼパッケージイラストとおりの色の再現が出来ています。
ここまで出来るんですから、基本は誰が作ってもかっこよく仕上がるようになっているんです。
だから、本人の好きなキットを選ばせてあげてくださいね。

さて、もしかすると一番大事だと思われる道具です。
tgc11-11.jpg
つや消しスプレー(クリアー)です。
これは、ガンプラが完成したあとにババーッと吹き付ける俗に言うトップコートです。
シンナー溶剤のスプレーですので、外で吹いて下さい。クリアーですのでどこかについても
ほとんど分かりませんから、ベランダでもOKですね。洗濯物は無いように。
いくら進化したガンプラとはいえ、所詮はプラスチック。
成形品の表面はテカッとしていて、いかにもおもちゃっぽい仕上がりになってしまします。
が、これを吹くと、アラ不思議。
表面が落ち着いて、全塗装したかのような仕上がりになります。
ガンプラ復帰後にはじめて知った処理の中でも、かなりの衝撃でした。
最初はお父さんが吹いてあげましょう。サッサッと全体に満遍なく軽く3度ぐらい吹くだけでOK。
これも父の魔法のようなものです。最後の仕上げはお父さんで。
ただ、湿度が高い時にスプレーすると白濁することがあります。こうなると取り返しがつきません。
よく晴れた日にスプレーしましょう。
サッサッとですよ。ブシューと目標に吹き付けすぎるとムラが出来たり、
乾くのが遅れて、埃がついたり失敗の確立がグンと上がります。
ただ、完成度は格段に上がります。お試しあれ。

3.参考書も買う?
子供達と一緒にガンプラを作るんであれば、知識でリードしたいところです。
ネット上にはいろんなテクニックが散らばっていますが、それらを必要時に拾い集めるのは
困難を極めますし、何を検索すればいいかもわかりません。
やっぱり、人類は書によって知識を伝達・取得していく高等な生物なのですよね。
ということで、はじめてのガンプラにオススメの書籍はこちら。
tgc11-12.jpg
大越ともえさんの“はじめてだってうまくいく ガンプラの教科書”です。
ゲートカットから解説が始まる、ホントの教科書です。
去年末あたりに刊行された本だったと思います。
立ち読みの印象ですが、本当に初心者のための構成となっていて、かなりオススメです。
一応塗装まで網羅されていますが、そこはその先にステップアップする時にでも。
おそらく、書籍で初心者向けといえば、これが一番じゃないでしょうか。
じっくり読んで実践するだけで、かなり上達すると思います。
(今回の記事で足りないところはこの本で、というか、この本で勉強してください)

ちなみに私がガンプラ復帰した当初の愛読書はこちら。
tgc11-13.jpg
MAX渡辺の“ガンプラ大好き”です。
かなり前の刊行だと思います。
~教科書よりもちょっとだけ進んだ内容で、エアブラシ塗装についての比重が大きいです。
復帰後はエアブラシ塗装を始めて、色々と勉強させてもらいました。

4.まとめ
・本人の好きなガンプラを買う(できればHGシリーズ)
・つや消しクリアーのスプレーを買う
・予算が許せば、2,000円ぐらいのニッパーも買う
 (その他はご自由に)
・本ならガンプラの教科書
これで決まりですね。
HGなら、半日ぐらいで組みあがると思います。
で、つや消し吹いて1時間ぐらい乾燥させれば、ガシガシ遊べますよ。
さぁ!親子で Let's Gunpla!

5.その先は…
もし、ガンプラが楽しくて仕方ないってなったら、塗装しましょう。
筆で塗るのもよし。
エアブラシで塗るのもよし。
エアブラシは設備投資が大きいですが、綺麗に塗装が出来上がります。
tgc11-14.jpg
写真はHGガンダムG30th。
左側はアニメの設定カラーに近い色で全塗装したもの。
右側は同じキットで違う配色(その昔発売されたリアルタイプカラー)で全塗装したもの。
塗装することで一層自分の作品に愛着がわいてきます。
自分の好きな色に塗ることで、世界で唯一つの作品になります。
Welcome Gunpla World!

ついでに、
tgc11-15.jpg
これはRG(リアルグレード)のガンダムです。
小さいサイズながら、細かいモールドが入っており、内部フレーム(骨組み)もあり、
挑戦し甲斐のあるキットです。この写真は、また勝手な色を塗っていますが、
そのまま組み立ててもバッチリかっこいいキットです。
HGからレベルアップするときには候補に入れてみてはどうでしょうか?

長くなりまして申し訳ありません。
ホントに勝手な思い込みによるはじめてのガンプラ記事でした。
お盆なんでね。ヒマだったんですよ。
何か付け加えるようなことがあれば、コメントお願いします。
次回は、近いうちに素組み→つや消しコートで何かHGシリーズのプラモでも作ってみましょうか。
ではでは、ガンプラが子供の世代・孫の世代まで続くことを夢見て。


ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

2011.08.17 Wed 07:18  |  

いいですね~、こーゆー記事
初めてのわくわくする感じが伝わりますよ
そして懐かしい
色は脳内補完してましたねぇw
ちょっとパチしたくなりました

それと遅くなりましたが、ブログ開設10万周年おめです(マテ
毎日更新なわけですからほんと凄い!
いつも飽きることないネタ満載で
これからも楽しみにしとりまっす(^O^)/

  • #-
  • ちょい
  • URL

2011.08.17 Wed 09:36  |  

アドバイスどころか、記事にまでして頂いて感謝です!!
昔のプラモとは、組みやすさや緻密さが全然違いますね。
今日HGシリーズを子供と観にいきます。(多分買うかと)
本人達は、ケロロで観たやつ (^_^) と下見をしていたらしいです。
ニッパー買ってやろうと思います。で、つや消しクリアーのスプレーと
本とデザインナイフは、こっそりと (^^ゞ
この頃、子供との会話が無かったのですが助かりました
イヤイヤァ~私がハマりそうです!
次回の記事、楽しみに待っていますね。

  • #mQop/nM.
  • ヒロパパ
  • URL
  • Edit

2011.08.17 Wed 15:04  |  

素晴らしい記事ですね!
ブログを見ているとガッツリやってる人ばかりのような気がしますが、実際はそうじゃないんですよね。
こういう啓蒙記事を書くことでプラモファンが増えると嬉しいですよね。
続きも楽しみにしています。

提案なんですが、ガンプラHGシリーズもいいんですがダンボール戦機シリーズもいいですよ~。
あれは、作りやすいようにかなり配慮してあって、作る部位ごとにランナーがまとまってます。また、ランナータグも脚とか手とかになってるんで一目瞭然です。

2011.08.17 Wed 15:24  |  

こんにちは!お久しぶりです~☆
おお~、なんだなんだ!このガンプラ啓蒙の記事は~!!^^
なんかパンフレットとか読んでるみたいですよ。
で、入門的な文章かと思うと突然、バンッ!と超イカス!黒いMGザクの画像・・・やりますねえ^^v

うちももし子どもが授かったら、いまのガッツリ目線も変わるのかなあ・・と、ふと思いました。

  • #-
  • アイスオーレ
  • URL

2011.08.17 Wed 16:05  |  

こんにちは(^^/

まずは、ブログ開設2周年&10万hitおめdとうございますヾ(≧▽≦)ノ
流石ですねww10万ヒット!!これは、正にツヨさんの記事の
面白さと、ハイレベルな作品。そして、人柄の為される偉業ですね!!

いつも、楽しく読ませて頂きまして、ありがとうございますm(_ _)m
今後ともよろしくお願いしますヾ(≧▽≦)ノ

そんな中、今回は、ツヨさんのガンプラ講座ですね♪
この”ガンプラを作ってみよう”企画、良いですねヾ(≧▽≦)ノ
ガンプラって、全く作ったことが無い人にとっては、
何か、ハードルが高く思えてしまうものなんですよね(^^;
(1年前の私がそうでした(^^;)
より多くの仲間が増える予感♪♪

  • #-
  • プ二マル
  • URL

2011.08.17 Wed 18:22  |  パクリます

こういう記事、ほんらい私のHPでやんなきゃいけないんですが・・・(汗
参考にさせてもらいますよーん。

  • #-
  • わこうつうしん
  • URL

2011.08.18 Thu 08:11  |  Re: パクリます

ちょい様
昔って創造力が豊かだったんですよね。
その当時のガンプラにあまり不満は無かったですから。
1/100ガンダムのデザインが違いすぎるところぐらい…
今は、週刊マンガさえ売れてないみたいで。
色や声なんかを脳内変換してました。
もっと、妄想しないと!

ヒロパパ様
いえいえ、こちらこそいいきっかけを与えていただきありがとうございます。
こういう記事もいいなぁと。
盆休みヒマだったんで、ちょっと長くなっちゃいました。
さて、次回は実際に組み立てようと思うんですが、今作ってるキットが
雑誌投稿用で締め切りも近いものですから、もう少し先になると思います。
いいシリーズができました。ありがとうございます。

Ryunz様
ありがとうございます。
私でも、パチ組みぐらいなら解説できるかと。
ダンプラもそういう目線で解説すると面白そうですね。
いいヒントをありがとうございます。

アイスオーレ様
今回の記事は唐突に思い立ったもので、写真は過去の遺産です。
こうしてみると、設定の色で塗ったのが少なくて使いにくい!
ウチは残念ながら二人の娘ともプラモ道には入らなさそうです。
せめて他のお宅の子供たちがプラモをするきっかけになれば…
そんな大それたことじゃないですね。
こういうの一回やってみたかったんですw

プ二マル様
かなりの初心者の方が読んでくれるかどうかはおいといて、
ガンプラって、誰でもできるんですよってことを伝えたかったんですよね。
まぁ、興味がわくかどうかもありますしね。
この企画、しばらくシリーズ化して、パチ組みする言い訳にしようかと考えています。
プニマルさんのように、短期間で上達される方ばっかりではないですからねw

わこうつうしん様
何をおっしゃいますやら!
私のガンプラ復帰のマスターじゃないですか。
もっと、広がればいいと思いますね、プラモの輪(←古い?)

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/802-5297c580
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday