fc2ブログ

ガンプラパダワンT

 
11
 
今日は来年4月入社の事務職の学生の面接を行いました。
当然履歴書を見るんですが、何となく生年月日に目が留まりました。
2000年生まれ。
あね姫と同じ年生まれ。
そうか、本当ならあね姫も就職活動か。

娘と同じ年齢の新入社員が入ってくるんだという感慨にふけることもなく
あね姫が留年したことを思い出してしまいました。
だからって面接自体に影響があるはずもなく、普通に済ませましたが
やっぱり複雑。
これから面接が徐々に増えてくると思いますが、
みんなあね姫と同じ年。
複雑・・・。

さて今日は2日前に見に行った映画の感想記事です。
kkm222-01.jpg
ポスターの画像です。
いつもならパンフの画像なのですが・・・
そう、売り切れてたんですよ。
公開して数日ですよ。
もっと仕入れとけよってんだ。
もうすでにメルカリには定価の1.5倍から2倍の価格で出品されていました。
どこにでも湧くんだな。

さて、この日は朝の通勤電車でオリジナルのガンダム第15話を見ていましたので
基本のストーリーはばっちり。
アニメだと本編は約20分程度。
その話を2時間まで広げるのは、どういう構成になっているのか。
結構気になっていたんですよね。

見終えた感想としましては、「上手だな」って感じ。
オリジナルでは、ドアンの家には世話役のお姉ちゃんと小さい子供が3人の
合計5人という構成だったのですが、本作ではもはや孤児院。
何人いるのかわからないぐらいたくさんの子供。20人ぐらいいたかな。
その子供たちにしゃべらせるだけでも時間が作れますからね。

そして、ドアンを追うジオン側のストーリーと
アムロを捜索するホワイトベース側のストーリー。
細かな部分を丁寧に描くことで20分が2時間になってもそれほど長いと感じさせませんでした。

MSの描写は最新版ですごくかっこいい。
オリジンテイストも溢れているのも見どころかと。
でも、人物描写はノスタルジックなタッチ。
それが懐かしい感じで安心感があります。
ただ、最近の若い子たちにはどう映っていたのかな。
最近の若い子たちは見ないかな。

TV版では世話役の女の子の態度含めて
0083のケリー・レズナーのジャンク屋のシーンが思い浮かびましたが
映画本作ではそんな感じはなく、映画してましたね(表現が難しいな)。
ま、当然ケリー・レズナーはククルス・ドアンのオマージュなのでしょうが。

そして一番驚いたのは、ククルス・ドアンがエース・パイロットとして描かれていたこと。
TVでは格闘戦を教えてくれそうな程度だったのに。
はっきりと、シャアかドアンかってぐらいだって言っていましたから。
さすがにそれは無理がありすぎなんじゃないの?と。

引っかかることは結構ありましたが、それは直前にオリジナルを見ていたからで
この作品が初ドアンだったら全然気にならずに楽しめると思います。
ストーリーはしっかりしているし、脇キャラも立っているし、ファーストの雰囲気はやっぱりすごくいい。
この感じでオリジンでいいので、どんどん作品を作ってほしいんだけど
安彦さんは残念ながら「ラスト」宣言してましたらね。

そういう意味でも劇場で観賞はマストですね。




さて、ここからはネタバレ
というか、今更ネタバレも何もないのかな。

まずはザクのデザイン。
伝説の作画崩壊回でもある15話のザクのイメージを何とか持ってきたであろう
鼻の長いザク。
ただね、そこだけで、後はスタイルのかっこいいザク。
オリジナルはフォトショ失敗した無茶苦茶スマートセクシーなザクなのにね。

ドアン専用ザクってなっているので、やっぱりちゃんとしたザクなんでしょうけど
それなら、鼻を伸ばす意味はドアンの好みってことになるのかな。
間違いなくかっこ悪い。
そして、各所にダメージ表現がされているのも特徴ですね。
一人しかいないのに補修できているなんて、かなりのメカ知識があるんでしょうが
特別感を出そうとするあまり、ちょっと矛盾にあふれていましたね。

子供たちがめっちゃ多いのも、TV版を見てたら、その成り行きがすっと入ってきたけど
この映画の人数だと、どういう流れでこんなにも多い子供たちを連れてきてるのか、
飯はどうしてるのか、気になるところがいっぱい。

ちょっとね、オリジナル直前に見るんじゃなかったて思いましたね。

ストーリーはオリジンなので、エピソードはオリジナルのガンダムではあるものの
そのタイミングが混じりすぎているみたいで、アムロの夢のシーンでは
いったい今はいつなんだろうって気になってしまいました。
夢のシーンでは、酸素欠乏症のテムが出てくるし、お母さんに失望されちゃうし、
シャアザクは、特別感を出すためだけに無理やりシャアにしゃべらせてるし。
(これはハサウェイでもアムロが出てた感じに似ていますけどね)

あかん、文句いっぱい出てきた。
面白かったんですよ。
ホワイトベースの面々もTV版よりも生き生きしていたし、
サザンクロス隊のメンバーも個性的でこのストーリーだけで終わってしまうのがもったいないぐらい。
アムロは素直な少年になっていますね。
マンガでもそんな感じですもんね。

TV版アムロは結構ひねくれていて
それでいて、自分の実力におぼれだしている感じがいい感じに出ていました。
この鬱屈している感じが、ザ・アムロって感じなんですけどね。

いやいや、まじで、面白かったですよ。
もう一回観に行きたいぐらい。
多分、いろんな違和感を飲み込めたら、ぐっと面白く観られると思うんですよ

観て2日も経って、テンションも落ち着いたからこんな感じになっちゃったと思うんですけど
見た後は結構テンション上がっていたと思うし、
一緒に観た連中も高評価でしたからね。

自身を持ってお勧めしますよ。
見るべきガンダムですよ。
ただし、直前にオリジナルを見るのはお勧めできない。
ぼやっと知ってるぐらいがちょうどいい。

そんな感じで観て下さい。










ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

2022.06.14 Tue 22:55  |  

いつも映画評も楽しく読んでます。

個人的には「ククルスドアンの島」
ガンダム版ハウス子供劇場にちょっとだけ
「フューリー」入っていると感じました(笑)

  • #-
  • ネクスト
  • URL

2022.06.16 Thu 09:08  |  Re: タイトルなし

ネクスト様
私もそんな印象でしたね。
人物のタッチがそんな感じであったことと、
表情だったり動きだったりもそんな感じでしたよね。
WBクルーの面々も、微妙に性格の味付けが変わっており、
そういうところもパラレルとして、面白いですね。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/4594-74abd073
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した40代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday