FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
08
 
今日は寝ましたね。
かなり寝ました。
疲れが回復するとは思ってないんですが
眠たくなると、抵抗せずに寝た感じ。
結局、16:00ぐらいまで、寝たり起きたりの繰り返し。
久しぶりに良く寝た感じでした。

さて、今日は、久しぶりに映画をビデオで観ました。
kkv13-01.jpg
ターミネーター2です。

先日観たニュー・フェイトがどうにも消化不良だったもので
もう一度ターミネーター2が観たくなったんですね。
今観ても傑作。
いい映画は色あせないですね。
1991年公開です。
今から28年前。
シュワルツェネガーもリンダ・ハミルトンも若い!
そして活き活きしています。

ストーリーは改めて語るべくもないのですが、
前作から10年後。
サラの殺害に失敗したスカイネットは、直接指導者を消すべく
少年のジョン・コナーをターゲットとしてターミネーターを送り込む。
そして反乱軍もこれに対抗すべく鹵獲したターミネーターのプログラムを書き換え
若き自分を守るために送り込んだ。
執拗なT1000の攻撃からT800はジョンを守りきれるのか。
そして、未来に起こる“ジャッジメント・デイ(審判の日)”は回避できるのか。
といった感じです。

前作のホラータッチからアクション映画へシフトした今作ですが、
アクションだけでなく、機械(ターミネーター)が人間と心を徐々に通わせていく
ドラマも描きながら、感動の作品になっています。

監督は、2作目を作らせたら右に出る者はいないジェームズ・キャメロン。
エイリアン2は素晴らしかったですね。
世界観を広げ、作品に幅を持たせ、後の作品の道を切り開きました。
今作も、大胆にも前作の敵を味方に変え、世界観を広げました。
後の作品の出来がどうこうよりも、ターミネーターの世界を確立しましたよね。
VFXも直前作のアビスの技術を取り込み、液体金属の強敵を作り出しました。
この絶望感満載の敵は素晴らしかった。
演じるロバート・パトリックの無機質な演技も良かったですよね。

やっぱりターミネーターは2が至高なんですね。
シリーズものとして観るよりも、完結編として観るのが正解。
その後の蛇足は、ビジネスだから仕方がないとしてあきらめるしかないですね。
いやぁ、面白かった。

続きはネタバレ
ネタバレと言っても、みんな知ってますよね。





やはり約30年前だと、CGシーンはわかりやすく安っぽくなってしまいますね。
公開当時も思っていましたが、T1000が銃で撃たれた跡を表現する
銀色の弾痕がどう見ても、銀色の皿にしか見えない。
深さがあまりないんですよね。密着感も。
そしてそれが復元する時に一気に別画質になっちゃう。
仕方ないよね。

基本的には、ジョンとT1000のチェイスなのですが、
ロバート・パトリックの走っているシーンがかっこいい。
表情変えずにすごいスピードで追っかけてくるのは恐怖ですよ。
最初のチェイスシーンのバイクとトラックでは、ホントドキドキしました。
途中、T800が割って入るのですが、それまでのショットガンの打ち方が超かっこいい。
くるっと回して、バン!
ショットガンのリロードの仕方、こういう感じにできるんだと感心しました。
(触ったことすらなかったんだけど)

前作が低予算映画だったから仕方ないんでしょうけど、
リンダ・ハミルトンのビジュアルは微妙ですよね。
でも、ゴリゴリに鍛えて、バンバンアクションする女優としては
これぐらいのビジュアルが良かったのかもしれませんね。
ナタリー・ポートマンにこの役はやらせられませんものね。

改めてじっくり観てみると、いろんなシーンがよく考えられています。
後から出てくる人やガジェットも直前のシーンでチラ見せさせられています。
そういうの発見するとうれしくなっちゃいます。
最初のターミネーター同士の銃撃シーンで巻き込まれて死んでしまう人、
日本人の小峯隆生という人です。
映画記者だったかな。
当時、結構話題になっていましたよね。今ではとんと見かけませんが。

精神病院の場面も良かったですよね。
サラとターミネーターの初めての遭遇シーン。
脱走を図るサラは、どんどん計瓶を倒して無敵の強さなのですが
エレベータから出てきたT800を見た瞬間に腰を抜かしてしまう。
散々夢に出てきた未来の殺人マシーンが、また目の前に現れたんだからビビりますよね。
そして、ここで、T800がサングラスを落とすのですが、ここから
人間味を持ち出すってのもいい演出。
それまでは学ぶことを制限された殺人マシーンだったので、サングラスでよかったんですね。

この後は、国境近くの集落で武器をそろえて、
マイルズ・ダイソン襲撃から一気にラストまで。
サイバーダイン社での対警察のバトルも圧巻。
ちょっと調子づいてるジョンもかわいい。
最後脱出する際、T800が警察から集中砲火を浴び、
金属骨格の顔が露出していくところのVFXは結構残念感があるのですが
その後の勇ましさはかっこいいです。

最後の溶鉱炉の工場でのバトルも秀逸。
一旦、T1000を液体窒素で急速冷凍し、“アストラ・ビスタ・ベイビー”
しびれましたよね。
今回もしびれました。
この後、T800が巨大歯車に左腕を挟まれ、自ら切断して切り抜けるシーンで
黒タイツで隠していた左腕がしっかり写っているのもご愛嬌。
指先が金属骨格が露出してるにもかかわらず、生身の指より太いのもご愛嬌。

ラストシーンの溶鉱炉では、T1000が化けていた人たちが次々に出てくるのですが
いずれも双子の俳優を使っていたというアナログぶり。
今はCGで人だって作り出せちゃうのですが、この時代はそうもいかず
変な合成をするぐらいならアナログに撮っちゃえってことなんでしょうね。
最後のT800のサムズ・アップは、くさい演出ではありますが、いい演出でしたね。
アメリカ!って感じでしょうか。

古い映画なので、古さを感じるシーンがあるのは仕方ないのですが
冴えわたるアクションシーンと、ドラマの構成で今でも面白く観られる傑作です。
今一度、見返してみてもいいんじゃないでしょうか。
って、最近、テレビでやってたんですね。
知りませんでした。










ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/3675-dceb82da
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した40代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday