FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
01
 
ゴールデンウィーク前半最終日。
終わってみるとあっという間ですね。
ま、3連休ですから、それほど長いわけでもないんですが。
で、最後の今日は奥さんと映画に行ってきました。
kkm168-01.jpg
レディ・プレイヤー1 です。

今年は映画のペースが速いです。
去年の反省ですかね。
観たいと思ったら、観に行っておかないと終わっちゃう。
この後も、アベンジャーズ観に行きたいし、
超B級映画のランペイジも控えているし、その後はハン・ソロだしね。
あんまりのんびりしてられないのよね。

で、感想ですが、
良かった!
久しぶりに面白い映画を観たって感じになりました。
やっぱり、スピルバーグはすごいね。
もう70歳越えちゃってるのに、この感覚の映画を撮れるなんてすごいです。
2D字幕で観たんですが、できることなら4DXかな。
題材がVRゲームなので、3D眼鏡をかけて、体感型になることで
より没入感が出るのかなと思います。

さて、ストーリーですが、
時は2045年。
荒廃した世界の中で、OASISというVR空間で別の世界を生きる。
ここではなんにでもなれて、なんでもできる世界。
お金を稼ぐことも可能で、現実世界と仮想世界のはざまがあいまいになっている時代。
このOASISの創始者ハリデーが自らの死を予見した時、
この世界に宝を隠した。
この宝を手にしたものに、多額の報奨金とOASISの実権のすべてを渡すと。
この宝にたどり着くには、3つのキーを集める必要があり、この発表から
5年経った今も、一つのキーも発見されないまま。
この宝を巡って、貧困層に暮らすウェイドと巨大企業IOIの壮絶な奪い合いが始まる。

って感じ。
ストーリーは難解っぽい単語が出てくるもののシンプル。
うまく仮想世界と現実世界を織り交ぜて、その世界観をうまく表現しています。
VR映画って、こうするべきなんだという一つの正解を感じました。
今まで、似たような設定がたくさんありましたが、一番しっくりくる感じ。
そして、その世界の中で、まさしく何でもアリな世界が広がっており、
何が出てきても、矛盾を感じることなく、喜びを感じる世界観。
これを作り上げただけで、この映画は成功したんだと思います。

少し冷静になって考えると、ここに出てくる何でもアリな世界の
元ネタは、おそらく80年代が中心。
2045年からすると60~70年前のポップカルチャー。
これがここまで浸透するのか?って思いますが、
これを作っている人、観る人のターゲットとしては正解なんだから仕方ないよね。
現に楽しかったんだもん。

実は、ゲームウォーズって原作があるんです。
パンフレット読んで知りました。
そして、その作品には、これでもかっていうほどスピルバーグ作品が登場していたみたいです。
これを自分が撮るのか他人が撮るのか考えた末に、自分で撮ることに。
そうしないと、他人が撮ったら、たくさんの自分の作品が出てきて恥ずかしかったから。
自分なら、ある程度は消しながらコントロールできると思ったから、とのことです。
そういわれると、原作が気になります。
劇中には出てきませんでしたが、エヴァやウルトラマンまで出てるみたいですし。

この映画はおそらく、
映画好きだった、ゲーム好きだった、アニメ好きだった
少年の心を持ち続ける40代以上のおっさんをターゲットにした作品だと思います。
どこまで版権を整理して撮影したのかわかりませんが、パンフレットを観る限り
膨大な作品・キャラクター・エッセンス・オマージュに満ち溢れています。
これは、DVDも買って、じっくり観て行かないといけない作品ですね。
ただ、おっさんターゲットであっても、このVRの世界観は
こどももお姉さんも楽しめるはず。
是非映画館で観てください。

続きはネタバレ。
結構、ネタバレです。






久しぶりに長くなっちゃいましたね。
この映画、観る人によって見つける元ネタがいろいろ違って
ずっと楽しめる作品になっていると思います。
はっきり言って楽しい映画です。
この映画は、3つのキーを探していく構成になっており、
それぞれのステージでかなり異なる雰囲気になっています。
それぞれでのネタバレ感想を書きとめたいと思います。

まず最初のカッパー・キー
これは、CMでもおなじみのカーチェイス。
主人公のウェイドは、FF風の外見のアバターでバーシヴァルというハンドルネーム。
もうね、中二病ですよね、名前が。
そして、乗る車はデロリアン。
映画観て気づいたんですが、フロントグリルにナイトライダーの赤いシグナルが。
これ、最初に見つけたニヤリポイントです。

このステージが始まる前にこの世界観の説明があるんですが、
ここで、TVCMの最後に流れていた透明の通路をいろんな人が歩いていて
その後ろに小さいのが3匹歩いていて、矢印で刺される紹介がありましたが
あれは、サンリオのキャラクターです。奥さん、気づきませんでした。

で、話は戻ってレースシーン。
ここで出会うヒロインのアルテミス。
彼女が乗るバイクは、AKIRAのバイク。
ゲームの世界なので、リアリティとは無縁のレースシーンが描かれるんですが
もうここで興奮しっぱなし。
途中でTレックスやキングコングなんかがお邪魔キャラとして出てくるんですが、迫力満点。

壊れてリタイアした車からコインが出てくるのもいい。
これを集めて装備やなんかを買いそろえていくんです。
そして、このOASIS内で死亡した場合、そのすべてを失い、初期状態に戻ってしまう。
だから、みんな死にたくないし、必死なんですよね。
この設定もいい。
単純に生き返っちゃうだけだと、緊迫感がないですからね。

見事バーシヴァルが最初のキーを手に入れた後、
壊れたアルテミスのバイクを修理するために訪れたエイチの工場。
これがまたネタの宝庫。
宝庫すぎて、目がついて行きませんが、カウボーイ・ビバップのソード・フィッシュⅡがありましたね。
バック・トゥ・ザ・フューチャーの市長選挙のポスターもありましたね。
ポスターはザ・フライなんかも。
メインのアイアン・ジャイアントは、キャラクターは知っていても、物語は知らないんですよね。

そして、第二のキー、ジェード・キー
ここは映画の世界に入り込むステージ。
最初に上映されている映画館に入るんですが、そこのポスターにはなんとフラッシュ・ゴードン。
懐かしいですね。幼心に、このファンタジーの世界観にワクワクしたことを覚えています。
テレビで観たんですけど、かなり印象に残っています。

このステージの映画はなんとシャイニング。
何故にこれを選択したのかわかりませんが、これがまたいい。
つか、キューブリックの映画をスピルバーグが手を加えて再現するって、すごいですよね。
この作品の中心であるシーンが次々とVR空間で再現されるんですが、
元ネタ知ってると、これがVRになるとより怖いって感じますし、
知っているとかなり楽しめると思います。
他の元ネタはどうでもいいけど、できることならシャイニングだけは先に観ておいた方がいいですね。

最後はクリスタル・キー
題材はゲーム。
IOIが先行して、ゲームを調べているのですが、ここに入られまいとして
そのエリアをバリアで塞ぐのですが、ここへ侵入しようと
バーシヴァルの呼びかけで、OASISの住人が集まってきて戦争のような状態に突入します。
ここがまたネタの宝庫。
これはもう、見つけきれません。
DVD買って、一時停止しながらじっくり楽しむ場面ですね。

パンフレット見ると、武器なんかもいろんな作品のものが出てきてますが
流石に説明されてもわかりません。
分かりやすかったのはチャッキー。
かなりの敵をやっつけていましたね。
つか、最近の若い人たち、チャッキー知ってるのかな?
グレムリンなんかも登場していたみたいですが見つけられませんでした。

バトル終盤で、敵のボス、ソレントがとりだしたのは、メカゴジラ。
この時、少しアレンジはしてましたがゴジラのテーマが流れたのは胸熱。
デザインはちょっとオリジナル表現がありましたがね。
で、これに対抗するのがガンダム。
カッコいいですね~。
メカゴジラ対ガンダム。
主人公チームの一人、日本人のダイトウが、「俺はガンダムで行く!」と言って
飛行機から飛び降りながらガンダムに変身するんです。
2分間という限られた時間ではありますが、スピルバーグのガンダムは
イキイキとしていて、非常にかっこいい。
パシリムのユニコ石像と比べるまでもなく、最高のガンダムでした。

当のゲームはTVゲーム黎明期の名機アタリ
最後にはコントローラーもきっちり写っていましたが、非常に懐かしい。
縦持ちの形状で、ジョイスティックのような操作レバーとなぜかテンキー。
ウチの一番最初のゲーム機はファミコンではなくインテレビジョンというものでしたが
これは、アタリの流れをくむゲーム機だったんですよね。
kkm168-02.jpg
操作が難しすぎましたし、日本では全然流行りませんでしたけどね。

いやぁ、長くなりましたね。
ここら辺で辞めておきましょう。
最後は、この映画としてのメッセージが出てくるのですが、
基本的には、ゲームばっかりやってちゃだめよ てこと。
リアルはリアルの良さがあって、それは軽視できないんだよってこと。
仮想現実、ゲームを認めつつもほどほどにしなよって、ちゃんと言ってくれるあたり、
きちんと〆てくれてるなと感じました。

いい映画でした。
楽しい映画でした。

あしたから2日間、お仕事がんばろう。






ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/3093-f5fda143
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday