FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
28
 
今日はお休み。
体調が悪いわけではなく、振り替え休日です。
先週の休日に福岡へ出張した分が、今日のお休みの理由です。
みんなが働いている、学校へ行っているときに休むのって
すごく贅沢な気がしますね。
こんなことなら、毎週土曜日出勤して、毎週水曜日休みたい。

さて、こんな平日のお休みを寝て過ごすのはもったいないと思い、
映画を観に行ってきました。
kkm155-01.jpg
エイリアン コヴェナント です。
最近映画が観れてなくて、観たかった映画を何本も逃しています。
これも見たかった映画だし、今日を逃すと、また観れないかもしれない。
そんな思いで家を出ました。

この映画はプロメテウス(2012)の続編。
そしてエイリアンの起源に迫るというのが宣伝のキャッチコピー。
エイリアンシリーズもなぜか全作映画館で観ているような気がします。
それほどはまっているわけではないんですけどね。
正確には、本作はエイリアンシリーズではないのかもしれません。
エイリアン前日譚三部作の第二作って感じでしょうか。
監督も前作に引き続きリドリー・スコット。
エイリアン第一作の監督でもありますし、前作がよく分からない仕上がりになっていたので
今回で何とか理解できるだろうかって思いもありました。

観た感想としては、
「エイリアンやん!」
の一言。
全作はよく分からないけど、エイリアン映画っぽいよねって感じだったのですが、
今作は完全にエイリアン。
分かりますかね、この感じ。

エイリアンシリーズのお約束というか法則というかルールというか
とにかく、エイリアンを構成するすべてがキッチリと詰め込まれた映画でした。
それはもう、様式美というか、吉本新喜劇というか、プリキュアというか。
役者、舞台装置が変わってもおさえるところはおさえていて、しっかりエイリアン。
というか、おさえすぎていて、新鮮味が感じられません。
その要素の一端
 ・リアルな宇宙船
 ・未開の地(主人公にとって)
 ・謎多き随伴のアンドロイド
 ・女性主人公
 ・物語中盤での卵登場からのフェイスハガー
 ・新種エイリアン
 ・女性主人公とエイリアンとのタイマンバトル
 ・乗物から排出されるエイリアン
 ・次につながるラスト
 ・前に助かった人があっさり死んでいる前作とのつながり
書いてみると、それほど明確なものではないと感じますが
映像で見ると、なんともエイリアンであることを確信させてくれるものばかり。

面白くないかと言われるとそうではないのですが、
もっとエイリアンの起源に迫るのかと思いきや、普通にエイリアン映画だったってことに
拍子抜けしてしまったという感じでした。

最近は映画館に行けるタイミングがあまりなくて、
せっかく観れた映画が既視感満載だったってことがちょっと物悲しいです。

続きはネタバレです。
ま、様式美映画ですので、ネタバレ見ても
特に問題はないかと思いますが、
映画としての結末にも触れていますので、気になる方は回れ右。
自己責任でお願いします。






ということでネタバレコーナー。
この映画は第二の地球を探すべく、乗組員プラス入植者2000人プラス卵1000人を積んだ
コヴェナント号が突然の磁気嵐に会い、その対処のためにコールドスリープから起こされた
乗組員が偶然近くに見つけた生存できそうな惑星に寄り道するってところがスタートです。
本当なら、あと7年4か月はかかる目的の星よりも偶然見つけた近場の星に希望を感じるところが
非常に軽い。
劇中で主人公であり副長が船長に抗議していましたが、本当にその通り。
自分たちで設定にケチつけることで、軽さの言い訳を先にしているのか。

その惑星に降り立つ時、その環境のある程度の分析はしているのでしょうが、
結局のところ、ジャングルを探検するような装備で船外に出てしまうのは少しびっくり。
かなり昔のSF映画のよう。スタートレックっぽい。
案の定、隊員がやられてしまうんですよね。
今回は、花粉のような粉が体内に入り込んで・・・
なぜかエイリアンぽいものが体内から出てきて、やっぱり人を襲う。
これは、エイリアンの起源となる何かなのかと期待しましたが・・・。

窮地を救ったのがディビッド。
プロメテウス号に乗っていたアンドロイドです。
ここから話があらぬ方向へ。
もともとのコヴェナント号にもアンドロイドが搭乗していました。
その名はウォルター。
外見はディビッドと全く同じ。少し後のバージョン。
ディビッドのバージョンは人間に近すぎたため、思考をより単純化したのがウォルター。

ここからが非常にネタバレポイント。
もう一度言います。
ここからが非常にネタバレポイントです。








まず、前作で主人公と共に生き残ったディビッド。
プロメテウス号の事件から10年後ということだが、前作の主人公は死んでしまっている。
これ、第三作の時もそうでしたがやっと生き残った登場人物が次であっさり死んでいるってのはどうなのかと。
続き物でありながら、独立した作品であるとするときに取る手法であると判断しますが
今作はそれでいいのかと。
三部作なのだから、もうちょっと前作とつながらせてもいいのではないかと。

そして中盤に明かされる事実。
この偶然見つけた惑星の生物を死滅させたのはデイビッドで
プロメテウス号事件の時に持ち帰った病原菌を故意にばらまいたのだと。
そして生まれてくる寄生生物の美しさに魅了されたのだと。
想像することを禁止されたアンドロイドがその規制を解除し、王になるのだと。
絶滅しかけている人類は劣等生物で、滅びるのが元々の定めなのだと。

話の要点をつなげて結論付けるならば、
エイリアンの起源はプロメテウス号事件の時に出合った生物であり、
我々がよく知るエイリアンは、アンドロイドの暴走で品種改良を加えられた結果である。
これでいいのかしら?
結局、プロメテウスの時によく分からなかったことはそのままに
今作でアンドロイドがエイリアンに仕上げたっての、ちょっと強引過ぎる気がします。

ま、エイリアンシリーズでのアンドロイドって、一見人間の指示に忠実なようで
怪しかったり、実は忠実だったり、元請け企業のスパイだったりと色々ありましたが
今回は黒幕に昇進です。
しかも役柄としても主役に昇格。
途中からオチの部分は相当の人なら予測していたであろうパターンで落ち着き
次へ続く感じで終了となります。
その終了の仕方も今までのエイリアンらしい終わり方。

エイリアンシリーズの前日譚なのだから、エイリアンが絶滅することはないし、
主人公と絡み続けなければいけないから、完璧なハッピーエンドはあり得ない。
けれど、毎回既視感を覚えるラストシーンはどうなのかと。
それこそ様式美なのかもしれませんが。

さてさて、映画の中での年表では
プロメテウスが2094年で、今回のコヴェナントが2104年。
エイリアン第一作が2124年ですから、やはり三部作としてもう一つお話ができるということでしょう。
ただ、2114年のお話ではなく、終わりが直接第一作につながるような感じに仕立ててほしいです。
エイリアンシリーズの良いところでもあり悪いところでもあると感じるのは、
設定等はいかしつつも、それぞれの話が独立しすぎているところです。
旧シリーズは、監督の色を前面に出すことで、それこそ仮面ライダーのように
設定は違うものの、同じ設定(酔食わkらないけど分かるよね)になっていました。
今シリーズはエイリアンの前日譚というテーマがあり、監督も第一作の監督で固定しているのだから
明確にきっちりとつなげてほしいものです。

今回のはもういいとして、次、よろしく頼みますよ。









ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

2017.09.28 Thu 09:57  |  

これを見るために先週からエイリアン1~4、プロメテウスを見ていました。
モヤモヤ感が残ったプロメテウスの謎を解消してくれるのか期待していたのですがまさかの残念レポートとは…wikiで内容と結末は知ってましたが

プロメテウスがはっきりとエイリアンの前日譚としなかったが軽い失敗のような気がします。きっちりとエイリアンとし製作したら今とは変わったでしょうね。
型にはまった様式美てのはある意味安心感はあるでしょうから期待に胸を膨らませて見に行きます。

  • #-
  • kazu
  • URL

2017.09.29 Fri 08:46  |  

上手なまとめ文章のおかげで、映画見なくても充分楽しめました^^

  • #-
  • gyo
  • URL

2017.09.30 Sat 06:03  |  Re: タイトルなし

kazu様
エイリアンは冷静に思い出してみると、結局様式美なんですよね。
特に3作目以降は、いかにエイリアン要素を配置しつつ
監督の独自色を出すかみたいな感じでした。
プロメテウス以降は監督が戻り巻いたが、
基本路線はあってのものなのかなと。
それが、らしさ、なのかもしれませんね。

gyo様
秋公開の映画ですから、こんなもんなのかと。
映画の感想記事は難しいですが、自分の備忘録的に
ネタバレまで書いてます。
っても、内容忘れていっちゃうんですけどね。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/2876-5dc60b55
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday