FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
01
 
今日が締め切りだった模型誌モデルグラフィックスのグリモアミーティングに
無事投稿完了しました。
メールでの投稿なのですが、本文中には住所や氏名などを書く必要がありまして、
その中に“年齢”がありました。
当然、40歳と入力したのですが、
??40歳?!
40歳になって雑誌にプラモデルを投稿するというリアルが、自分的にツボにはまりました。
ま、私よりも年上の方もたくさんいるし、大したことはないのですが、
こみあげてくるものがありましたね。
さて、誌面の登場はいつだろうか。
基本的には投稿された全作品が掲載されるはずなので、楽しみ♪

さて、先日もチラッと書きましたが、
なんばパークスシネマのポイント期限が本日までだったため、
頑張って映画を観てきました。
今日は奥さんと一緒。
鑑賞ポイントが2回分あったので、夫婦でタダで映画を観てきました。

本日鑑賞したのは、アメリカン・スナイパー
kkm099-01.jpg
クリント・イーストウッド監督作品でアカデミー賞6部門ノミネート作品です。
ま、受賞したのは音響賞なのですけどね。

この映画は、実在した人物の伝記をもとに製作されてます。
クリス・カイル。
スナイパーとして伝説と呼ばれた男。
もちろん、劇中では英語なので“レジェンド”と呼ばれるのですが、
日本で“レジェンド”といったら、サッカーの“キングカズ”か、スキージャンプの“葛西 紀明”が連想され
ちょっとシリアス感に欠けました。これは私だけの問題なのかもしれませんけど。

物語は、クリスが、子供のころ、カウボーイ時代を経て、シールズに入隊するまでをまず描き、
そのあとは、結婚し、イラクへの派兵(計4回)とその合間の自国での家族の生活を
淡々と映し出していきます。
実話が元であるため、エンタテイメント要素はあまりありませんが、
戦争を直に知らない私にとっては、ドキュメンタリータッチであっても
どこかファンタジーな世界。

ただ、実話であるがゆえに、近代の戦争がテーマであるがゆえに、
ターゲットにザルカウィって名前が出てきたり、
アルカイダって名前が出てきたりと、ニュースでよく聞く単語が出てくると途端に
シリアス度が増していきます。
そして、イラクでの戦闘を重ねるたびに、この戦争がISISにつながるのだと思うと
非常に複雑でもあります。

この映画では、主人公は過剰なまでの愛国主義者で、
敵を“蛮人”呼ばわりし、情を一切かけることなく悪と認定しています。
ワールドトレードセンタービルの自爆テロのニュースに憤り、
戦地での精神的消耗は自宅に帰っても癒されることなく、
嫁から退役を勧められるも、自国を守るためと突っぱねる。
ただ、その瞬間の自宅は平和そのもので、現実味に欠ける。
そして、派兵されたイラクでは戦争が継続されているという、
なんともアンバランスな生活。

この映画を観て、アメリカ人はやはり共感するのでしょうか?
いくら自国を守るためとはいえ、どこに戦争の根源があるのか、
当時の自国での日常生活とイラクでの日常とのギャップ。
本当の正義とはなんなのか、考えさせられます。

私個人としては、エンタテイメントとしての面白さがないわけではなかったのですが、
非常に興味深い映画ではありました。
たまにはこんな硬派な映画もいいのではないでしょうか?
ただ、戦争の悲惨さや狂気を伝えるのは、FURYに軍配が上がります。
コチラは戦争に参加することで精神を消耗していく個人としてのつらさを表現しています。

さて、続きはネタバレです。
というか、今日の記事前半は、あまりないように触れていませんね。
でも、続きはネタバレです。
自己責任でよろしくです。





さて、ネタバレパートです。

スナイパーという役割は、いろんな戦争映画でもフィーチャーされてきました。
ただ、ここまでスナイパー自身の精神状態を掘り下げた作品はなかったように思います。
ま、そんなに戦争映画を観ているわけではないのですけどね。
最初の狙撃が対戦車手りゅう弾を手にした子供であったという点は、
後々まで引きずるトラウマだったことでしょう。
後半では同じような場面が出てきて、その対処にハラハラするのですが、
これは映画的演出なのか、事実もそうなのか。
事実なら、出来すぎている感が否めません。
映画としては非常に良いが、ドキュメンタリーとしては興ざめの部分です。

物語前半では、30歳になってから入隊したシールズでの訓練シーンがしばらく続くのですが、
これが絵にかいたような訓練シーン。
教官が訓練兵を罵倒し続けるのですが、
やはり、今でもこの訓練方法は健在なのでしょうかね。
今の日本では、新人を叱って、ケツをたたくだけでは仕事をしない時代になっています。
環境が環境だけに、この訓練方法が続くということは、有効な分析結果でもあるのでしょうね。
でも、なんとも時代錯誤感がありすぎて、ここも少し興ざめ感がありました。

テレビのニュースで自国内でのテロ被害を見て、許しがたい怒りを覚えてシールズに入隊するわけですが
ここも、平和ボケした私にはなかなか共感が持てなかったところです。
そこまでわが身に置き換えることが出来るのかどうか。
イラクの地では、敵兵の射殺数が160人に上り、懸賞金までかけられるレジェンド。
自国を守るため、自国兵を守るため、非常に純粋にそして非常に固定観念にとらわれているレジェンド。
この映画ではアメリカの“非”の部分が全く描かれない点も興ざめポイントなのかもしれません。

そして、狙撃の腕。
これがすごい。
狙撃の描写も生々しく、スナイパーの重要性もよく伝わってきました。
敵方にも凄腕のスナイパーがいて、徐々に意識しだす点は、
やはり、現実でもそうなるのかと、不思議と合点がいきました。
ただ、クライマックスでの狙撃シーン。
砂嵐迫る敵の勢力内での狙撃。
ライバルを見つけたその距離は1740メートル先。
慎重に狙って放った銃弾は見事敵スナイパーに命中。
もう、正にゴルゴ13です。
絶対風も強いだろうし、劇中中盤では、敵のスナイパーが
1000メートル先からの狙撃を行ったことに対して、“不可能だ” “元オリンピックメダリストだ”
なんてやり取りもあっただけに、それをあっさりと一撃でなし得てしまうところも
ドキュメンタリーとしては興ざめポイント。

こうして、興ざめと連呼していますが、戦争映画としては興味深く最後まで観られます。
ただ、私個人としては、これの原作が自伝であることが興ざめなのです。
どれだけ自分が好きなのか。
どこまでドラマチックに自分を書いたのかってことの方が気になって仕方がないのです。
だから映画になったのだって考え方もあるのでしょうが、
奥ゆかしき日本人である私には、ここまで自分賛歌な自伝を書けるアメリカ人に
ちょっと違和感というか、気味悪さを感じたんです。
またまた例によって、偏屈な見方しかできないひねくれ精神が出ちゃいましたが、
映画としては、それなりにいい映画ではあると思いました。

どうして、こんなにもひねくれちゃったかというと、これなんです。
kkm099-03.jpg
もうね、すごい人!
今日からガンダムオリジンのイベント上映が始まるからかと思いましたが、
どうやらそうではなく、私と同じように、旧ポイントカードの鑑賞ポイントを
使ってしまいたい人と、今日までの鑑賞券を持った人が大勢いるようで、
その日が、タイミング悪く休日であり、ガンダム初日であったということ。
鑑賞券を求める列は、建物の外まで伸び、朝一番の回にターゲッティングしていただけ
被害は少なかったのですが、それでもすごい人。
映画館で、こんなにも人であふれているのを見るのは、学生時代のタイタニックの時以来です。

そして、鑑賞ポイントは別に“お買いものポイント”もあり、
これは、ポイントに応じて、飲み物やポップコーン・パンフレットと交換ができるのですが、
この列がまた長い。
映画が終わって並んだのですが、進むのが非常に遅くてイライラMAX
しかもレジに到達したら、パンフレットが売り切れているという異常事態。
だって、先週公開ですよ?
どうなってんの?
他の人が見てもないのに狩っちゃったてことか?
ということで、
kkm099-02.jpg
残ったお買い物ポイントは、よく分からないくじに化けました。
3/14に結果発表。覚えていられるかな。

※パンフレットは別の劇場で入手しました。





ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/1930-3c7c51a0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday