FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
11
 
昨日は久々の奥さんとの映画デート。
それにしても、ここ数日は暖かいですね。
昨日なんか、いつものダウンを着ていってしまったんで、暑い。
熱いといえば、昨日は3/9。
ツイッターではザクの日だということで、皆さんが自慢のザクを
アップしていました。
なんとなく、ツイッターではプラモネタを封印しているんですが、
すごく羨ましかったですね。
つか、なんでプラモネタ封印してるんでしょうかね。

さて、ジャンゴ 繋がれざる者 です。
kkm67-01.jpg
クエンティン・タランティーノ監督の最新作です。
この監督の作品は妙に惹き付けられるものがあるんですよね。
やっぱり、映画に対する愛情でしょうか。

今回も最初のテーマソングからタラ節炸裂です。
あえて、60年代・70年代風の画質にテーマソング。
今の世代には逆に新鮮に見えてワクワクします。

ストーリーは
ドイツ人の賞金稼ぎで元歯科医のシュルツが次のターゲットの情報を得るために
奴隷であるジャンゴを解放し、当初の目的を達成する。
その後、ジャンゴは奴隷時代に結婚した妻を探すことにする。
シュルツはジャンゴのひたむきさに協力を申し出、その資金稼ぎのために
ジャンゴにも賞金稼ぎをさせる。
そして、決行の時。
ジャンゴの妻、ブルームヒルダがミシシッピのキャンディー・ランドという農園で
奴隷として働いていることを突き止める。
ここの農園主キャンディーから奴隷売買としてブルームヒルダを奪還するため、
キャンディーの最近の趣味である奴隷試合の商人に扮し、懐へもぐりこむ…

といった具合です。
時代は南北戦争の2年前。
黒人を奴隷として白人が酷使していた時代。
その時代に黒人であるジャンゴが自由人として活動をするのですが
その周りでの人々の反応や、奴隷の使い方などは、おそらく当時の再現なんでしょうが
映像としてみると、興味深いです。
こんな時代もあったんだと。
とくに、西部劇などは、なかなか観る機会もなく、ましてや奴隷制度に
ターゲットされているような作品は初めてでしたので。

さて、そんな設定もありつつ、やはりタランティーノ作品。
どのシーンも画つくりが素晴らしく、絵になっていますね。
そして、今回は、今までのように時間軸をバラバラにして見せたりする手法も少なく、
長まわしの台詞も少なく、非常に観やすい作品になっています。
ただ、言葉の言い回しや、バイオレンス表現は健在で、
やっぱり、タランティーノ作品だということをキッチリ感じさせてくれます。

最初にシュルツがジャンゴを開放してから、
賞金稼ぎの経験を積むところは軽快なスピードで進んでいき、
キャンディーに取り入るあたりから、丁寧な描写になるんですが、
そのあたりでちょっとだけだれるんですが、
2時間45分の長丁場としては、そこを感じさせない作品になっています。

途中、闇討ち団の内輪もめシーンが長々と映されたり、
必要以上に死なない雑魚にどんどん銃弾が当たるたびに悪態をつくシーンなど
入れなくてもよい要素なんだけど印象に残る演出にはニヤリ。
そして、終盤でタランティーノ本人がゲスト出演。
これも定番の仕掛けなんですが、劇中では見つけられませんでした。

そして本作は、なんとアカデミー賞を受賞しています。
助演男優賞と脚本賞。作品賞・撮影賞・音響賞はノミネート。
最近のアカデミー賞の趣向は少し、大衆迎合主義に傾きつつあるんですかね。
作品賞もアルゴでしたし。オバマ夫人がプレゼンターやったり。
やっぱり、芸術性を重視しすぎて大衆の理解から乖離しすぎると
興味がなくなりますからね。
それとも、こういった娯楽作品を嫌っていた上層部メンバーがいなくなったとか?

ということで、オススメです。
続きはネタバレ。





ネタバレというほどでもないんですが、
元歯科医の賞金稼ぎというシュルツの設定が、なんとも妙ですよね。
何故に?
そして、ドイツ人であるという設定は、奴隷制度への嫌悪や
黒人であるジャンゴをまっとうな人間として扱わせるのにはすごく有効な設定でした。
妙に礼儀正しく、冷静沈着なのに、サクッと銃を放つというキャラクターも
見事に完成されたキャラクターで、主役を食っていましたね。
途中で感情が抑えきれなくなり、舞台を去るのですが、
そのあと、名目上でも主役のジャンゴが、メインになるんですが、
どうしても寂しい感じが拭えませんでした。

そして、レオナルド・ディカプリオ。
初の悪役!という触れ込みでしたが、主人公サイドからすれば悪役ではあるのですが、
設定的には富豪の跡取り息子で、奴隷制度の中では少し頭の悪い放蕩息子レベルで
これがまた、楽しそうに演じているしはまっていて、良かった。
レオはこういった、すこし抜けている役柄のほうがいいと思うのですが、
どうなんでしょうかね?
確かに役柄的に頭脳派なのもこなしていはいますが、こういった役柄のほうがピッタリとはまる。
急に激高して切れるあたりもいい演技でしたね。
これからしばらく休業するみたいですが、
ゆっくり休んで、次もまた、ちょっと抜けた役柄を期待したいです。

ステレオタイプの黒人執事を演じたのはサミュエル・L・ジャクソン。
もう、アメリカのTVドラマのコメディーにでも出てきそうなキャラクターで、
笑わせてもらいました。
つか、ちょっとぶっ飛んだ演技だったんですが、タラ作品の中では
いいポジションで収まっていますね。
ホント嫌なやつ。
というか、タラは、大好きなんでしょうね。
どんだけ使うんだというぐらいに出演していませんか?

タランティーノ作品は各キャラクターが明確にたっていて、
その掛け合いや立ち回りが素晴らしいです。
このキャラクター設定の素晴らしさが魅力なんだと思います。
なのに、主人公であるはずのジャンゴがちょっと薄い感じがしたのが残念でしたね。
銃も最初から上手く使えすぎですしね。
冬の間、金を稼ぐために賞金稼ぎになるのですが、
このあたりの描写も、もう少し時間を割いてくれればよかったような気もします。

とにかく、今までのような難解な作品ではなく直球勝負。
それでいて、タランティーノ節が感じられる本作は、
万人にオススメできる西部劇エンタテイメントだと思います。
時間が許すようであれば、鑑賞をオススメします。




ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

2013.03.11 Mon 22:35  |  

ダイハードレポでちょっとさみしかったので、
(自分もダイハード好きですw)
今回のレポには触手が動きました。
けど時間がないのでレンタル待ちになるんですが、
その頃になると何を見ようとしてたのか忘れてるんですよね(汗
そうやって未見に終わってる作品が・・・。

  • #-
  • へな
  • URL

2013.03.11 Mon 23:34  |  Re: タイトルなし

へな様
ダイ・ハード好きにとっては、今回のはツライです。
でも、経験値としてビデオで観ておくのもアリかと。
で、ジャンゴですが、なかなか面白いですよ。
西部劇自体も私の経験値的には少ないので、新鮮で面白かったです。
まぁ、常栄寺にビデオでいいかと思ったのは、
ビデオが並ぶ時期にはその情熱さえどこかに行ってしまうんですがね。
というか、最近、映画をビデオで観てないなぁ。

  • #-
  • ツヨ
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/1293-06b806c3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した40代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday