FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
02
 
近頃、スターウォーズ7の情報がチラホラと漏れてきましたね。
監督はJJエイブラムス。
クローバー・フィールドやスター・トレックの監督の人ね。
ウォルト・ディズニーになってどうなっていくのか、心配であり楽しみなんですが、
なんと、今回は主人公が女性の可能性があるってことで、
しかも、この人。
kkm64-01.jpg
クロエ・グレース・モリッツちゃん。
あのヒットガールですよ。
どうなるんでしょうか?
不安のほうが大きくなってきました。
やっぱり、男が主人公のほうが感情移入できるんだけどなぁ…。

さて、本日の前フリネタは映画ネタでしたが、
本日の記事も映画ネタでございます。
昨日の1日は映画の日ということで、
LOOPER観てきました。
kkm64-02.jpg
タイムスリップが題材のSFものです。

簡単に設定を
2044年、この30年後の2074年にはタイムマシンが開発されていたが、
過去に影響を与えると現在の影響が大きくなるため、違法とされています。
そこで、闇組織は違法にタイムマシンを活用し、殺したい人間を過去に送り、
2044年の世界で契約した殺し屋(LOOPER)に殺させています。
殺す人間の背中に銀の延べ棒を報酬として貼り付けて。
殺される人間は顔に袋をかぶせられており、対象がどんな人間か気にすることなく、
事務的に殺していきますが、その仕事にもいつか終わりが来ます。
報酬が金の延べ棒だった時、それが最後の仕事。
そして、殺したのは未来の自分。
現代の殺し屋は、未来では生かされないのです。そういう契約。

と、まぁ、拙い説明で長い割りにわかりにくいんですが、
まぁ、要するに超B級な設定なわけですよ。
タイムマシンネタも映画的には散々使われてきたわけで、
今更斬新な物語を期待するのも酷なわけですけどね。
でもね、これが面白かったんですよ。

インディーズ出身の監督(だと思うんですけど)が低予算で作り上げたSFの世界。
タイムマシンを設定の基礎にしていますが、映画の本質は人間の守るべきものへの葛藤。
善と悪の葛藤です。
なかなか渋い作品で、派手な銃撃戦が息をつく間もなく続くわけではなく、
どちらかといえば、アメリカの片田舎でじっくりと物語が進行していく感じ。
SF設定でこの舞台設定というところも痺れます。

主人公のジョーと30年後の主人公のオールド・ジョー。
この二人の葛藤劇であり、対決です。
オールド・ジョーは殺されるために現代に送り込まれそうになるのですが、
そのギリギリで抵抗し、そしてこの組織の打倒の為に自らタイムマシンに乗り込む。
現代のヤング・ジョーは、オールド・ジョーを殺さないとその先の30年の人生さえなくなってしまう。
オールド・ジョーは昨日までの人生を取り戻すために、
ヤング・ジョーは明日からの人生を守るために戦います。

2044年の近未来の設定も主人公たちが持つ目的もストーリーが進んでいくうちに
微妙に変化していき、ラストのしめ方は、最近の洋画にはない展開で
すごく気持ちのいい終わり方をします。
そんなに話題になっていない映画かもしれませんが、すごく良い映画でした。

続きはネタバレ。


低予算であるがゆえか、私の知ってる役者さんはブルース・ウィリスだけでした。
主人公ヤング・ジョーを演じるのはジョセフ・ゴードン=レヴィット。
誰??
しかも、主人公っぽくない顔立ち。
不細工。
誰かに似ている…あ、ダチョウ倶楽部の肥後リーダーをシュッとした感じ?…うーん、違うか。
とにかく、あまり好きな顔立ちじゃありません。

そしてヤング・ジョーが歳を経ていく描写があり、30年後にはブルース・ウィリスになるんですが
その過程の描写は少し滑稽。
途中に髪の毛のあるブルース・ウィリスになるんですが、
これが結構爆笑。
髪の毛が残っている50代ぐらいの描写は、まさに落ち武者。
現代に来たオールド・ジョーは年寄りを演出するためか、より年老いて見えました。
ダイ・ハード5が心配なぐらいに。

私的に無名な役者がほとんどだったんですが、
輝いていたのはシド(10歳)を演じた子役の子。
この子がミステリアスであり、狂気であり、かわいいと
複雑な役柄・演技をすごく上手にこなしていて、
日本の子役のお遊戯のような演技はとてもじゃないが見てられないと改めて思いました。
母親に反抗するシーン、ヤング・ジョーに秘密を打ち明けるシーン、戦うシーンなど
素晴らしいです。

今までのタイムトラベルものは、過去の影響は違う未来を作るが、
その未来の分岐がたくさんできるということで、
過去の自分が死んでしまわない限り、未来の自分にはたいした影響が出ないのが通説だったんですが、
今回は違い、過去の自分が経験する全てが、未来の自分にのしかかってくる。
ケガをすれば、その痛みの記憶と傷跡が急にできる。
なので、記憶がすごくあいまいになる。
違う人生を選べばその後の人生の記憶も塗り替えられてしまうという、危ういアイデンティティー。
この設定はありそうで今までなかった。
なかなか面白いです。
それも細かいことを伏せて説明していないんで、自分でそう納得し見られたのも良かったかも。

LOOPER(未来から雇われた現代の殺し屋)が持っている銃が、ラッパ銃。
これは、威力も命中度も低いため、至近距離でしか殺傷能力を発揮できない銃。
この設定が、物語後半で活きてくるんですね。
この設定の使い方が上手くて、私的にすごく好きなところです。

設定的には、ターミネーターVSオーメンな感じで
文章にすればB級の下さえ怪しまれるような作品ではありますが、
SF設定の説明を出来るだけはしょり、人間にターゲットをおいたのは正解。
つまるところ、人間ドラマの要素が強く、
登場人物の動機付けがはっきりと描写され、その変化を上手く表現したことが正解。
ラストは日本人的王道ながら、痺れますよ。



ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://tshobby2009.blog.fc2.com/tb.php/1265-0fdf0ece
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday