FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
08
 
本日は七夕です。
空を見上げても星は見えず。
って、大体この日って基本的に曇ってることが多いですね。
今年は、笹も買わず、普段と変わらぬ日。
一体全体、七夕って何する日?

それは勿論、プする日。
ってことで、本日はフロントスカートにボールジョイント受けを仕込みました。
  gcm12-01.jpg
腰パーツはダボを削り取りました。
フロントスカートは、以前購入していたWAVEのボールジョイント(BJ-04)を使用しました。
角型の受けですが、そのままでは元のリブの間に入らないので、デザインナイフで
またまた適当に幅を縮めました。
で、スカスカになりすぎたので、周りをプラ板で囲い、上下の部分を
0.3mmプラ板でフタをするようにかぶせて接着。
マジックの線は、腰パーツ組み込み時のあたりです(いがんでる…)

たったこれだけの作業で2時間ほどかかってしまいました。
裏側なので、多少(?)汚くてもイイやと思いながらも
試行錯誤しながらの作業で、かなりの時間を費やしました。
慣れていけば、もっとキレイに、もっと早くできるんでしょうけど・・・。

決して、テンションが落ちてるわけではないです。
必死で作業してるんですけど、この上がりです。
スカートの組み立てが終われば、見える部分はできるだけキレイに仕上げたいと思います。

本日は、プラ板の接着が乾くのを待つため、ここで終了です。
明日は、腰パーツに別のポリキャップを組み込みます。
これまた、位置決め・固定方法で悩みそう。

しばらくは地味な作業記事が続きますが、ご容赦ください。
(内容は地味ですが、作業は派手にへたくそですね。)
(見えないからいいんだ!)


本日の工具
           gcm12-02.jpg

ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ  
にほんブログ村

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday