FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
31
 
今日は飲み会。
ウチの部署から営業へ行く課員の送別会。
状況が状況なので、送別会をやるかやらないか、規模はどれぐらいか
って言っているうちに、今日になって強引に開催。
部署単位の小さい送別会。

それにしてもうちの会社、間接部門の扱いの悪さはどうにかならんものか。
営業は直接的にお金を持ってくる部署として優遇しているのは
わからなくはないのですが、そっちばっかり増えると間接部門がボトルネックになっちゃう。
全然、人増やしてくれないもんねぇ。
そこで、対応するのが残業となるのですが、もうそういうの通用しない世の中になってきてますからね。
もっとうまく人員配置できないもんですかね。

さて、本日の話題は、ディズニー+で独占配信の
スターウォーズの初の実写ドラマである“マンダロリアン”の全話視聴が終わったので
この感動をどうにかして、記録にとどめたいと思った次第なのです。
シーズン1・2ともに8話構成で合計16話。
非常に楽しめました。いやマジで。
kkv14-01.jpg
あちらのはドラマとは言え、金がかかっていていいですね。
見ごたえ十分。
昔のTVドラマであるスタートレックから、かなり進化していますよね。

スタートレックもあの当時はそれはそれとして楽しんでみていましたけどね。
丁度、日本のドラマでいうなら特捜最前線。
ロケよりも署内のシーンが多く、でもそれはそれで楽しめていたような・・・。

と、横道にそれましたね。
マンダロリアンですよ。
マンダロリアン。

まだ見ていない人もいると思うので、記事前半パートではさわりだけ。

主人公は、名もなきマンダロリアン。
人からはマンダロリアンをマンドーと呼び、その名前を知らない(ようだ)。
マンドーは惑星ネヴァロでバウンティハンター(賞金稼ぎ)として生計を立てている。
マンドーはギルドの管理人から高額の報酬を提示された
ある依頼をこなすため、帝国残党と思われるクライアントより、詳細情報を得る。

報酬は、マンダロアアーマーを作るのに不可欠な材料ベスカー。
大量のベスカーに見合う依頼とは、限られた情報で
50歳のある人物の確保である。最悪の場合、死体でも相応の報酬は約束すると。

これがまぁ、冒頭15分程度のストーリーで、
もう、この後はネタバレに直結。
見てない人は、ここから楽しんでほしい。
スターウォーズ好きな人は是非!

時代は帝国の没落から5年後の世界。
銀河帝国は滅びてはいるが、銀河のあちらこちらに残党が幅を利かせている。
これが、後のファーストオーダーにつながるのかどうかは現時点では不明。
フォースの覚醒のタイミングは、ここからさらに25年後となるので、
やはり、旧3部作の時代に近い時代設定となっている。

この時代設定がいいのよ!
ビークルもエイリアンも馴染みのものがたくさん出てくるし、発見も多い。
元々この監督であるデイブ・フィローニはアニメのクローン・ウォーズの監督であり、
これが実車初めてらしいのですが、本編からの引用の巧みさは素晴らしいです。
後から知りましたが、アニメシリーズとの関連性もかなりあるようで、
実写映画とアニメの世界をつなぐ、貴重なドラマシーズンのようです。

ドラマを見終わった今、やはりアニメに行かないといけないかなと思いつつ、
次見るのは、ワンダビジョンなのかと悩んでいるところです。

さて、続きはネタバレ。
長いよ。
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
 
08
 
今日は寝ましたね。
かなり寝ました。
疲れが回復するとは思ってないんですが
眠たくなると、抵抗せずに寝た感じ。
結局、16:00ぐらいまで、寝たり起きたりの繰り返し。
久しぶりに良く寝た感じでした。

さて、今日は、久しぶりに映画をビデオで観ました。
kkv13-01.jpg
ターミネーター2です。

先日観たニュー・フェイトがどうにも消化不良だったもので
もう一度ターミネーター2が観たくなったんですね。
今観ても傑作。
いい映画は色あせないですね。
1991年公開です。
今から28年前。
シュワルツェネガーもリンダ・ハミルトンも若い!
そして活き活きしています。

ストーリーは改めて語るべくもないのですが、
前作から10年後。
サラの殺害に失敗したスカイネットは、直接指導者を消すべく
少年のジョン・コナーをターゲットとしてターミネーターを送り込む。
そして反乱軍もこれに対抗すべく鹵獲したターミネーターのプログラムを書き換え
若き自分を守るために送り込んだ。
執拗なT1000の攻撃からT800はジョンを守りきれるのか。
そして、未来に起こる“ジャッジメント・デイ(審判の日)”は回避できるのか。
といった感じです。

前作のホラータッチからアクション映画へシフトした今作ですが、
アクションだけでなく、機械(ターミネーター)が人間と心を徐々に通わせていく
ドラマも描きながら、感動の作品になっています。

監督は、2作目を作らせたら右に出る者はいないジェームズ・キャメロン。
エイリアン2は素晴らしかったですね。
世界観を広げ、作品に幅を持たせ、後の作品の道を切り開きました。
今作も、大胆にも前作の敵を味方に変え、世界観を広げました。
後の作品の出来がどうこうよりも、ターミネーターの世界を確立しましたよね。
VFXも直前作のアビスの技術を取り込み、液体金属の強敵を作り出しました。
この絶望感満載の敵は素晴らしかった。
演じるロバート・パトリックの無機質な演技も良かったですよね。

やっぱりターミネーターは2が至高なんですね。
シリーズものとして観るよりも、完結編として観るのが正解。
その後の蛇足は、ビジネスだから仕方がないとしてあきらめるしかないですね。
いやぁ、面白かった。

続きはネタバレ
ネタバレと言っても、みんな知ってますよね。
web拍手 by FC2
 
25
 
今日は社長と銀行主催の講演会と親睦会。
なんとか寝ずに講演会を終わらせて、
懇親会という名の立食パーティ。
なんとも面倒なイベント。
こんな場で、なかなか新しい交流なんてないですからね。
ただ、こういう場でしか会わないような人たちもいるようで、
それはそれですごいなと。

ということで、今日はプできないなと思っていたんで仕込み記事です。
土曜日にテレビの録画で見たジュマンジです。
kkv12-01.jpg
今、この作品のリブート?続編?がやっているので
そのタイミングに合わせて、放映されていました。
1995年の作品です。

私、大学生?ぐらいの時ですね。
すごく面白かった記憶があります。
グーニーズとジュマンジとミクロキッズ。
この3作は子供3作として、私の中ではイチオシです。
無理矢理家族に見せました。

一度始めると、上がるまで終われないすごろくゲーム、ジュマンジ。
サイコロを振って、止まったマス目にいろんな指示が隠れていて、
その指示・事象が実際に起こるという恐怖のゲーム。
当時の頑張った特殊効果でジャングルの生き物がどんどん召喚されます。

意外にもちび姫は興味を示さず、あね姫が食い入るように見てました。
奥さんも一緒に笑ってました。
基本、楽しい映画ですからね。
久しぶりに見て満足。

ビックリしたのが、子役のキルスティン・ダンスト。
めっちゃかわいいですね。
このころはかわいかったのに、大きくなったら・・・。

この映画のメインは、現代の街に
ジュマンジの影響でジャングルの生き物や植物などが
どんどん出てくるところなのですが、
何よりもすごろくであることの醍醐味。
サイコロを振る順番が決まっていて、きちんとその通りにしないといけない事や
止まったマス目で、どんなことが起こるのかというドキドキ感。
自分たちの住んでいる町がどんどんジュマンジの影響で荒らされていくこと。
設定の面白さが今観ても楽しい作品です。

今のジュマンジはVRゲームが舞台とのことで、
前作のとは、つながってないんでしょうね。
現代のゲームと言えば、そうなのかもしれませんが、
当時だって、TVゲーム全盛の時のはず。
その当時において、すごろくを選択したのが、そのセンスだったと思うんですが・・・。
VRゲームということは、プレーヤーがジャングルに入っちゃうということで
単純にジャングルでの冒険活劇になっちゃっているんじゃないかと。

ちょっと心配ですね。
でも、好きな映画なので観に行きたいですね。
行けるかな?





ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2
 
15
 
よく寝ました。
やっぱり、予定のない休日はグータラですね。
昼間、誰もいないから、存分にプしたらいいんだけど、
何もする気にならない。
結局、ずっとソファに寝転がって、寝てるかビデオ見てるかだけの1日でした。

ということで、今日はコチラの話題。
kkv11-01.jpg
少し前からBSでシュタインズ・ゲート(以下シュタゲ)の再放送がやっていたので
ずっと録画して、この前奥さんに見せたんですが、
16話ぐらいでギブアップ。
私は、かなり面白いと感じていたので意外でした。
この話あたりから、怒涛のごとく面白くなるんですけどね。

まずは劇場版の前にTV版から。

2クールで25話。
タイムリープ物のお話なのですが、
細かな願望が将来を大きく変えることになり、
後半からは、それをリセットしていくお話。
正直、前半はそれほどでもないのですが、シリアスになりだす後半はとても面白い。
キャラクターのウザさも後半には気にならなくなってきます。
とにかく、世界を元に戻す。
これを必死にタイムリープを繰り返す主人公がいいんですね。

そして、最後の2話。
まさかの選択。
元の世界を取り戻した時には、ヒロインが死んでしまう。
ヒロインを救うと未来が崩壊する。
倫理と愛のはざまで主人公が悩み、神経をすり減らす。
この葛藤がたまらない。

もちろん最後はハッピーエンドなのですが、
その後に続く劇場版。
総集編でないところはいいのですが、
綺麗に終わったはずなのに、どんなお話か。

主人公は、これまでに何度もタイムリープを経験し、
今の世界が現実なのかどうかわからない状態まで精神衰弱してしまい、
今の世界で存在を維持できなくなってしまい、消えてしまう。
みんなの記憶から消えた主人公。
ただ一人、記憶が残っていたヒロインが主人公を助けるために
タイムリープして、奮闘するというストーリー。

TV版を観た直後に見たので、それなりに楽しめたのですが、
肝心の主人公を助ける行為自体が謎。
科学者としてのヒロインが、倫理よりも愛を選択するところは
100歩譲ってアリとしても、主人公に今の世界で自分の存在を
確固たるものにするための解決策が、?なので、私的には残念な感じ。
後日談としての新しいお話としては良かったんですけどね。

劇場版は前半がすごく良かったのに、後半がダメでした。
TV版を壮大な前フリとしての結論じみたセリフの数々は重い。
タイムリープ物にある、「タイムマシンはダメなんだ」という
セリフに重みを感じます。
後半はすべてをひっくり返してしまう感じが、軽い。
全体的に軽いんですよね。

ま、TV版の完成度が高すぎたのかもしれませんね。

そして、この春からシュタゲ0というタイトルで続編が始まりました。
こちらもゲームがあったみたいですね。
よく分からずに第1話を観たのですが、これまた違う世界?
というか、β世界線の延長の話。
シュタインズ・ゲート世界線ではないから、ヒロインが死んでる状態?

季節が冬になっているから、前作の24話と25話の間の話ではない感じなんですね。
24話の後、そのままミッションを失敗してしまったお話なんでしょうか。
これはこれで、また平行世界の話として2クールやるってことなんでしょうけど
どう展開するんでしょうね。
第1話の時点では非常に先が気になる感じだったので
これから楽しみです。
(2010年設定なのにラインて・・・)





ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2
 
09
 
今日は大掃除。
年末大掃除しきれなかったから?
いえいえ、火曜日に奥さんの友達が我が家を訪問するってことで
掃除しようとなりました。
ついでに私の部屋も片付け。
模型誌がっさりと捨てました。
プレバンの箱もまとめました。
棚に入りきらないものは・・・いくつか捨てました。
でも、キレイになるといいもんですね。
疲れたけど。

そして、奥さんがツタヤに取り寄せてもらっていたビデオを鑑賞。
kkv10-01.jpg
久しぶりのレンタルビデオです。

ステーキ・レボリューション。
以前、なんかの映画の予告で見かけて気になってはいたんですが
忘れてました。
そしてこれをわざわざ取り寄せた奥さんの心境は?

この映画は、ドキュメンタリーです。
監督の実家はフランスのシャロレー牛の繁殖農家。
シャロレー牛なんて知りませんけどね。
で、その監督が、2年間かけて世界で一番おいしいステーキ(牛肉)を探すって題材。
いろんな国のステーキを食べたり、牛農家にインタビューしたりで
その記録を綴った映画です。

結論から言うと、「よくわからん」
国柄なんでしょうけど、ステーキの焼き方、食べ方が日本以外はそんなにおいしそうじゃないの。
塊を焼いて、表面焦がして切り分けて提供するって感じ。
塊なんでよく焼かないと、中まで火が通らないんでしょうね。

そして肉自体も日本では霜降りのお肉が高級なんだけど
ヨーロッパでは逆みたいで赤味のお肉が好まれています。
かみごたえを楽しむのでしょうか。
そして、牛のエサもエコの観点から草食を押しています。
日本の穀物を与える育て方は、将来がないとさえ言い放っています。

日本の紹介にも結構な時間が割かれていて、但馬牛・神戸ビーフ・松坂牛と出てきます。
ベストテン形式で紹介されるのですが、松坂牛の店「築地さとう」が3位でした。
結局、おいしいんじゃん!
この時だけ、きっちりと調理の仕方から食べた後の感想まで見せていました。
「表面が香ばしく、中は下の上で溶ける」
日本のステーキが一番おいしそうに見えました。

この映画の中でのベスト10の紹介の仕方がランダムでよく分からない。
しかも調理しているところもそれほど入念にうつさないし、
食べるシーンも少なく、感想を言っているシーンもほとんどない。
レストランのオーナーや農家の人が自分のポリシーを語る場面がメイン。
考え方の違いを分からせる方法としてはいいんでしょうけど、
もっと美味しそうなステーキの画がたくさん出てくるのかと思っていたのでちょっとガッカリでした。

興味深かったのは、日本の牛肉がヨーロッパでも和牛“wagyu”として知られていることで、
しかも、その起源は違法に胚を持ってきたのではないかということ。
やはり、和牛のおいしさに惹かれる人はいるわけで、
それを地元で広げたいと思った人がいるということ。
でも、霜降りは安い肉らしいけどね。

ドキュメンタリー映画をあまり見ないせいか、
非常に疲れました。
淡々といろんな農家の人たちがしゃべっているのを2時間見るのはツライ。
何度も気を失いかけました。
ネットで見ると、結構高評価なのにもビックリ。
多分、私みたいな、ドッカンドッカンな映画ばかり観ている
頭お花畑の見る映画じゃないのかもしれません。
NHKの特集でやったらいいのにって感じです。

掃除・片づけして疲れて、ステーキ疲れして1日終わりました。
ま、片付いたのは良かったかな。
奥さんのトモダチなんで、私の部屋を見ることはないんでしょうけどね。







ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した40代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday