fc2ブログ

ガンプラパダワンT

 
15
 
やっと、あね姫の就職先が決まりました。
言っていた通り、近所の歯医者。
歯科衛生士の学校でしたからね。

初出は5/1。
ウチの会社では、例年通りなのですが、4月には
扶養を外れる人がいないかどうかの確認があったんですが、
その時点では無職。
就職先が決まらないと回答できないと、保留してました。

もしかしたら、そのままフリーターになるかもしれないと思ってましたから。
でも、とりあえずはちゃんとしたところに就職できてよかった。
初任給も28万円と、ちょっとビビるぐらいの金額。
ウチの会社なんて、それよりも5万以上も安いですから。

ただ、歯医者さんて基本的に個人経営のところがほとんどだから
ボーナスとかも含めてどうなのか、働いてみないとわからないことが多いですね。
まぁ、とにかく決まってよかった。
明日は会社で扶養外れる件、ちゃんと報告しないと。

さて、今日は奥さんとディズニー+でドラマ。
kkv40-01.jpg
ムービングです。
全20話、完走しました。
第1話から最後まで観た韓国ドラマは初めてかも。
大体、奥さんが見ているのをちょっとわきから見るぐらいだったので。

で、これ、結構面白かったですね。
テーマは超能力。
人間には生まれ持って超能力を持っている人がいるという設定の
アクションドラマです。

アメリカのヒーローみたいなことではなく、もっと地味。
最初は学園もの。
親が超能力を持った子供が遺伝でその能力を引き継いでいるところから始まり
各自、普通に暮らすためにそれを隠しながら生活しています。

そんな中で、超能力者を始末するアメリカのエージェント(韓国人だけど)が登場し
徐々に登場人物たちに危機が迫ってくるというお話。

これも序盤で、途中からは親たちの現役のころの話になり、
終盤にかけては、北朝鮮の超能力部隊とのバトルになります。
この記事の画像にもあるように中心にいるのはおじさんおばさん。
そう、子供たちは徐々に覚醒するものの、基本的には親たちのバトル。
それが結構新鮮で、面白かったですね。

ゴリゴリのアメリカのヒーロー映画ではない、生活感漂う異能力バトル。
切り口が地味だけど新しい。
それぞれの人生に焦点を当てて、それぞれの苦悩を描いている点がいいですね。
そして、韓国のドラマ?映画?にある結構痛そうな演出もさえわたっていますね。
かなりの密度に完走しました。

これ、原作は漫画らしく、その漫画家がこのドラマの脚本に参加しているとか。
それでも、漫画のストーリーにきっちり合わせるのではなく、ちょこちょこストーリーは変えているらしいです。
そのあたりも少し前の日テレのドラマで原作者が亡くなったニュースがありましたが
やっぱり、原作ありのドラマは原作者がしっかりかかわる方がいいのだと思います。
ネトフリのワンピースもそうでしたからね。

さて、この原作はまだまだ続きがあるそうで、
シーズン2・3ができてくれると嬉しいです。
また、必死で見るんでしょうね。










ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
 
22
 
今日はびっくりするぐらい寒かったですね。
朝、近所の駐車場の車の屋根にはうっすらと雪が積もっていました。
昨日も大粒の雨に嵐のような風。
かと思えば、夕方には晴れていました。
なんかヤバい感じですね。

春分の日を過ぎたというのに、ここ最近で一番寒いんじゃないでしょうか。
早く暖かくなって欲しいです。

さて、昨日に続き、ネトフリで映画
kkv39-01.jpg
タイラーレイク-命の奪還- です。
師匠に教えてもらったyoutubeの映画紹介のチャンネルで知りまして、見てみようかと。

ストーリーは至極単純。
誘拐された麻薬王の息子の奪還依頼を受けた傭兵タイラー(クリス・ヘムズワース)が孤軍奮闘する話。
誘拐したのは隣のこれまた麻薬王。
提示された身代金を払わずに奪還に金をかけると思いきや、
傭兵に金を出すと思いきや、金を出さずに
途中で息子を強奪しようとするので、
タイラーの敵は、元の敵と雇い主といった感じで、孤軍奮闘する話。

これは、ストーリーなどお構いなしに、タイラー=クリス・ヘムズワース=マイティ・ソーの
大暴れを見るだけの映画です。
映画と言ってもネトフリオリジナルなので、配信専用。
映画館での公開はなし。

アクションはすさまじく、金がかかっていることがすごくわかります。
バングラデシュのダッカの街中が舞台で、
そこかしこに人がいる状況でのアクションは、すごいです。
このクオリティは劇場公開でも全然問題ないのではないかと感じました。
とにかく、砂ぼこりの中、孤軍奮闘するソーがどんどんダメージを受けていって
最後は瀕死になる。そんなソーを見たことありません。

とにかく頭空っぽで見て大丈夫。
配信だからなのか、セリフの音が小さくて、爆発の音が大きくて
ちょっと音のバランスが悪くて見にくかったんですが、
ストーリーが希薄であれば、いっそのことセリフが小さくても問題なし。
字幕で言葉だけ追っていれば十分楽しめます。

最後はタイラーが生死不明な感じで終わるのですが
もうすでに続編も配信されており、生死は不明ではなく
確実にご存命。
恐らく、続編もこの路線でしょうし、1作目よりも激しいアクションとうたっているので
期待せずにはいられません。

ネトフリでも記録的なヒットとなったらしい今作、続編にも期待が高まります。
何もやる気が起きず、昼寝に飽きたときに続編を見よう。









ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2
 
21
 
週の中日のお休みサイコー。

昨日、奥さんと何するかって話で
“ゴールデン・カムイ”を映画館に観に行こうかって話になりました。
奥さんからの提案。
評判がいいと聞いてのことなのですが、原作未読。
でも、別に嫌じゃないので了承したんですが、その雰囲気を察知されてなしになりました。

でも、そんな感じなので映画館に行きたいのかと今朝、
“アーガイル”観に行く?って聞いたんですが
こっちは全くの評価が分からないので、結局却下になりました。

最近、洋画でこれって感じのが少なくなったように思いますが
ハリウッドのAIデモによるストライキの関係でしょうか。
どうなったのかな。

ということで、結局家にいることになったんですが、
「アマプラで、ブルージャイアント観たい」と奥さんから提案で見ることに。
kkv38-01.jpg
これも評判がいいらしい。
タイトルも聞いたことがある。
でもどんな映画か全く知らない。
勝手にファンタジーものだと思っていました。
多分、アイアンジャイアントに引っ張られていたんでしょうね。

映画は仙台の高校卒業したての“宮本大”がサックス1本で上京し、
「世界一のジャズプレイヤーになる!」との信念からのサクセスストーリーです。
「海賊王にオレはなる!」と一緒ですよね。
ただ、ジャズの方はテンポよく進んでいくので気持ちがいいです。
海賊の方は展開がダラダラしすぎて、面白くならない。

基本的にはスポ魂もののような感じ。
音楽をベースにはしているものの、ここまで生々しい汗を感じるとは。
特にサックスですから、肺活量に対する表現がしつこいほどに感じられました。

主人公はよくある、元からすごい系です。
バックグラウンドとして、一人でずっと努力していたのですが
劇中でも“才能”が重要とのセリフがあり、
そこは十分に満たしている感じでした。

そして劇中、主人公はほぼ挫折することなくまっすぐで
どんどん成功していくのが、とんとん拍子過ぎてさほど感情移入することができませんでした。
さらには、この作品で扱っている音楽はJAZZ
まったくわからないジャンルです。
なので、それは新鮮で、なんとなくJAZZってどんな音楽なのかは勉強になりましたが
このJAZZのライブシーンのすごさがいまいちつかめませんでした。

ライブシーンでの見せ方はすこし熱すぎる感じはありますが、
18歳の少年たちの熱量を表現するには素晴らしい感じだと思いました。
音楽の映像表現としては、新しい、と感じましたね。

ただ、絶賛!というほどでもなかったのかなと。
あとでネットで調べたら原作漫画があるんですね。
これも金カムと同じパターンか。
レビュー見ていたら、原作好きな人も絶賛しているようで、それが一番なんでしょうね。
あとはJAZZ好きな人とか、音楽映画好きな人とか。
なので、正統派な人たちから高評価というわけです。
私のように、チープなカブトガニが襲ってくる映画にぞくぞくするような人向けではないということ。
いや、最後まで飽きずに鑑賞しましたけどね。

ウチの会社の近くのモーニングで利用する喫茶店。
実はジャズ喫茶なんです。
朝の7:10ぐらいまでは情報系のAMラジオがかかっているんですが
それ以降はジャズをかけていて、それは心地よいのです。
まったくわからないジャンルなのですが、落ち着いてコーヒーが飲める店。

あるとき、60代ぐらいとみられるおじさん(おそらく顔なじみ)が来て
「○○の○○〇かけて」と壁面に飾られたジャケットを見ながら注文。
流れてきたJAZZミュージックに、
「ここ!こいつ、ここホンマ上手いし、かっこええよな」
と。これに対し80代手前とみられるマスターが
「せやなぁ」と相槌。

この会話の意味がずっと引っ掛かっていたんですが、
ブルージャイアントを見て理解できた気がします。
多分そこは“ソロ”だったんだと思います。
音楽の聴き方はそれぞれのジャンルで異なるのでしょうけど、
多分、JAZZの聴き方がそこにはあったんだと思います。
POPミュージックやロックなんかとはまた違う楽しみ方なのだと。

これを知れたこと、それが私の人生にとってのかなりの収穫だったと思います。
こうして、知らないことを少しでも知っていくこと、これが映画のだいご味なのでしょうね。
プラモデルもそう。
知っていると思いながらも、細かい部分を作っていくときに
「ここが、こうなっていたんだ」と知ることの喜びがある。
特にスケールモデルなんかはそんな発見がまた、作る喜びにつながるんでしょうね。

なんて、思いながら
アマゾンミュージックをダウンロードして、JAZZを聞きながら
この記事書いてました。

おやすみなさい。









ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2
 
07
 
この3連休、暑かったですね。
暖かかったではなく暑い。
昼間は25度越え。Tシャツで十分でした。

残暑というにはもう季節も進みすぎた感もあり、
異常気象ですよね。
11月ですからね。
今朝なんて、家を出るときに上着を忘れて取りに戻って、電車1本遅れてしまいました。

これで急に寒くなったら体調崩す人もたくさん出るんでしょうね。

さて本題
ドラマ:アソーカ 観終わりました!
っても、もうかなり前なんですけどね。
モデフェスがらみで記事にするタイミングがありませんでした。
kkv37-01.jpg
いやぁ、面白かった!
これがあるから、値上げしてもディズニー+は解約できないんですよね。

全編通して、“反乱者たち”の正当続編なのですが、
アソーカをメインに据えて、物語が進んでいくのがいいです。
エズラを失った後のメンバーはそれぞれの役割で過ごしているのですが
それをアソーカが中心になって、まとまっていくような感じ。

映画ではメインではないジェダイであるアソーカ。
ジョージ・ルーカスに唯一認められたデイブ・フィローニが生み出したキャラクター。
このデイブ・フィローニがホントいい仕事しています。
なんといっても、アニメの“クローン・ウォーズ”と“反乱者たち”を生み出し
実写ドラマ“マンダロリアン”と“アソーカ”で深堀して、正史に組み込んだんですからね。
素晴らしいです。

このアニメのキャラたちが実写で活躍するのは、ローグ・ワンから徐々に始まっていたのですが
ちゃんとアニメのキャラクターを大事にして登場させているのがとてもいいです。

ストーリーとしては、非常に中途半端な終わり方をしていて、もっと続きが見たい!って感じです。
だって、アソーカとサビーヌが別銀河に置いてけぼりで
スローン大提督は元の銀河に戻っちゃったわけですからね。
アソーカたちが置いてけぼりを食らった惑星には、今回の新キャラベイランとその弟子シンも置いてけぼり。
これは続編で何らかのドラマがあるのでしょうね。
ただ、ベイランの役者さんがお亡くなりになってしまったのが非常に残念です。
どちらも非常に魅力的なキャラで、シス予備軍みたいなダークジェダイ。
これまたいい設定ですよね。

スローン大提督もシスになり切れていないダークジェダイに一抹の不安を覚えて、意図的においていったのかも。
シンの未熟さ加減が、クローン・ウォーズのアサージ・ヴェントレスみたいな感じになったりしてね。

時代もマンダロリアンと同じ時間軸であり
EP6と7の間。
この後に控えている劇場作品では、デイブ・フィローニが監督をするという話もあり
“反乱者たち”・“マンダロリアン”・“アソーカ”の物語が集結して
完全完結編のような様相になると嬉しいです。
分割でも構いません。
もう、キャラクターがそろっていますからね。
そして、ファーストオーダーの勃興にスローン大提督が絡んでくるみたいな感じだったらなおよし。

でも、その前にアソーカの第二弾でしょうね。
ドラマとして、元の銀河に戻ってくるってのを終わらせたいですし、
ひげをそったエズラもちゃんとしたジェダイとしての成長をリアルで演出してほしい。
ゼブも登場させて、リアル反乱者たちの集結を見たいですね。
そして、反乱者たちと言えば、海賊のホンドー。
このキャラも実写化を望みます。

本編内容については続きで。
とにかくSWファンならおさえておくべき作品でした!
ありがとうございます!!
web拍手 by FC2
 
10
 
今日もまったり。

というのも、一昨日の結婚式、車で行ったんですよね。
会場が結構会社から近くて。
なので、普段着を車に積み込んで、
結婚式が終わったら、ホテルのトイレで着替えて
会社に礼服を置きに行って、完璧。

この年になると、結婚式より通夜・告別式の方が多くて
礼服は会社にあった方が融通が利きやすいんですよね。

電車で行ってたら、今日か昨日、会社に礼服を戻すためだけに
出かけないといけませんでしたからね。
一昨日の俺、グッジョブ。

さて、まったりしていた私、何してたか。
基本寝ていましたが、合間にディズニー+観てました。
反乱者たちの最後の4話とマンダロリアンS2の13話:ジェダイ。
これがね、師匠から聞いたアソーカを見るための準備。

そして、観終わった後・・・
kkv36-01.jpg
ついにアソーカ第1話視聴!

配信開始時には1・2話同時に配信だったのですが
今日は時間の都合上、第1話のみ。
それでも震えましたね。

オープニングから本気度が伝わってきます。
映画と同じようなオープニング。
現状を説明するコメントロール。
宇宙空間から始まり、宇宙船へ。
もうたまらんすね。

そして、登場するシス。
つかみは完璧ですね。
この宇宙船は、マンダロリアンS2の14話でとらえられたモーガンを護送中だったのですが、
あっさりとシス二人に奪還されてしまいます。
スターウォーズ、特にこのフィローニの作品では、護送中の囚人て
かなりの確率で脱走したり奪われたりしますね。
もうちょっと考えた方がいいかも。
でも、逃げるから話が面白くなるのですが・・・。
作るたびに奪われるガンダムと一緒か。

アソーカは「地図」を探す。
それは、クローン大提督の居場所の手掛かりとなる地図。
そしてそれは、同時に行方不明となったエズラも一緒に見つかるかもしれない手掛かり。
地図を入手した後合流するのは、ホーム・ワン。
これ・・・SW本編に出てた司令船じゃないの!
アソーカの乗っていた宇宙船もリアルに再現されているし、ワクワクが止まりません。

そして、ヘラ将軍登場・・・?
なんだろう・・・なんか違う。
吹き替え版は、アニメの声と同じなんだけれど、なんだろう、何か違う。
師匠は「むっちり」してる感じが違うと言っていたけど、
なんだか基本的に、違うキャラっぽい。
リーダーっぽさがないというか、小物感が強いというか。

で、地図の解読にサビーヌを頼ることになり、惑星ロザルへ。
都会の町並みには、ロザルっぽさをあまり感じられませんでしたが
アザディ総督はマジでそのまんま。
そのまんま過ぎて、びっくりしました。
そして、サビーヌ登場。
スピーダーで爆走する道路がもう、アニメのロザルのそのまんま!
そして出てくる電波塔もそのまんま!
興奮しますね。

そのあとで出てきた、モーガンとシスの会話に、
「アソーカの元弟子、サビーヌ」ってのが出てきてびっくり。
サビーヌってアソーカの弟子になっていたんですね。
現役じゃないみたいだけど。
そして、モーガンはダソミアの魔女の生き残り!
また、クローンウォーズの引き出しを開けてきましたね。
魔術使ったりするんでしょうか。
つか、コルヴァスでアソーカと戦った時には魔術使てなかったみたいだし
これは、後付け設定なのかな。

そして、サビーヌとシスの弟子とのライトセイバーバトル。
このライトセイバーって、エズラの?サビーヌの?
アソーカの弟子だったからか、結構善戦しますね。
この1話の中で、ライトセイバーバトルが3回も出てくるんですよ。
もうね、最高です。

続きが気になる終わり方。
通常なら2話も続けてみているはずなんですが、タイムアップです。
1話からもういろいろてんこ盛りで2話が楽しみすぎます。
この感じ、マンダロリアン以来かも。
オビワンもマンダロリアンS3も滑っちゃってるから、期待しますよ。










ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した40代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday