FC2ブログ

ガンプラパダワンT

 
20
 
今日も忙しい!
朝の社長への月次報告から始まり、ほとんど席につけませんでした。
疲れた~!
私は基本的には、忙しい、とか、疲れた、とか言わないようにしています。
多分みんなわかってるから、それをまだアピールするか?と思われるのも嫌ですし、
それなりの立場の人間が楽しそうに仕事してないと、会社って夢がないでしょ。
でもね、この個人のブログでは言わせてください。
「疲れた~~!」
このブログ、会社には内緒ですからね。

さて、今日はホント疲れたんですが、目標がありました。
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 を観ること。
そして、観てきました。
kkm190-01.jpg
最終章の第2話ということで、前作の続きです。当然です。
前作は、2017年12月ということで、1年半待ちました。
もっと早く公開してほしい。待ち遠しいです。
といいながらも、公開日を知ったのは先週の木曜日だから2日前。
本当に待っていたのか?
待っていましたよ!知ってからは、早く観たくてたまりませんでした。

そして、ちょうど変えるタイミングで総務課長が前を通ったので誘いました。
彼はテレビ版の最終話をつい最近見たぐらいのライトなファン。
つか、ファンでもないかも?ぐらいなのですが、誘いに乗ってきました。
彼も嫌なことがあったようで、ガルパンで忘れようじゃないか、に賛同です。
いや、お付き合いかな。

てことで、感想ですが、最高でした!
やっぱり、ガルパンはいい!
これね、オリジナルビデオアニメのイベント上映ではなく、
間違いなく劇場公開を強く意識したクオリティに仕上がっています。
間違いなく、劇場で観るべき作品です。
ファンじゃないとだめなのかもしれないけど、この作品がガルパンの
ファーストコンタクトだって全然かまわないぐらいに面白い作品に仕上がっていると思います。
そして、これまでの作品をすべて観ていると、さらに面白く、感動できます。

ガルパンは、スポコンである。
これを再認識させられたことも良かった。
戦車の戦いではあるのですが、試合後のすがすがしさは健在で、
更には成長物語であることも。
かなりの要素が詰まった第2話は、最終章のアクセルが全開になったことを
身を持って感じられる、素晴らしい作品でした。

鑑賞後は、一緒に観た総務課長も、一気にガルパンのとりこ。
あと残すは、第1話と劇場版。
すぐに観そうな勢いで、もう一度第2話を観たいと言っていましたよ。

さて、続きはネタバレです。
観た人、感想を共有しましょう。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 
19
 
今日もやっぱり忙しい。
忙しいことを理由に、そして先日の取締役会では
出席しているはずのないただの空気書記である私に対して
結構なご指導をいただきましたので、
もう社長への月次報告はいいかと思っていたら、夕方にガツンとやられました。
なので、明日の8:00から月次報告。
そのための資料作成。
ま、これは、私が悪いんですけどね。

さて、本日は映画記事。
KCFを中抜けして映画観てきました。
ということで、ゴジラです。
kkm189-001.jpg
ゴジラも実はシネティックユニバースなんですね。
流行ってますね。

前作は2014年公開のゴジラ。
このゴジラでついに日本版ゴジラへのリスペクトが見えましたね。
変にオリジナリティを出さない方向でのゴジラ。
やっぱりこれがヒットしたので、今作があるんでしょうね。

そしてシネティックユニバースとして関連作は、キングコング 髑髏島の巨神 2017年公開。
これ、同じ世界感だったんですね。
ちび姫と観に行きましたが、そんなこと、一切気づきませんでした。
エンドクレジットでの壁画にキングギドラの絵があったそうな。
劇中でもムートーに言及するシーンがあったそうな。

そして、次作ではゴジラとキングコングが共演予定です。

さらっと全体像を紹介しましたが、今作の話ですよね。
一言でいえば、
「こういうのでいいんだよ」を見事に体現した作品でした。
初っ端の東映タイトルからもあるように、前作以上に日本版ゴジラへのリスペクトを強く感じました。
いたるところに元ネタを感じるところがたくさんありました。
そりゃ、日本版のゴジラだって、それほど観てるわけでもないのでわかりませんでしたが、
それでも感じるオリジナルゴジラへの愛。

元々海外でも人気のあったゴジラは、やはり日本のゴジラなんですよね。
変なトカゲの雰囲気のゴジラではないんですよ。
だからこそのヒットなんだと思います。

映画の設定もリアルに時代が流れた前作から5年後の世界。
秘密結社のモナークは秘密裏に巨大生物の研究を進め、
モスラの卵のふ化に成功してしまう。
もうね、ここからぶっ飛んでますよ。
この後も各地のモナークの基地から怪獣が出てくるんですが、
どんだけ集めてたんだよと。

それでも、勢いで乗り切ってしまうところは、さすがハリウッドのCG技術と
怪獣大戦争の様相を見せる為だけに作られたおおいなる意志の力ですよね。
メインで出てくるのは、ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンです。
モスラとラドンは明らかにサブキャラではありますが、それなりの見せ場も用意されています。
それでもやっぱり、キングギドラですよね。
ゴジラの宿敵。
ハリウッドCGで動くキングギドラは素晴らしいですよ。
神々しささえ感じます。

さて、ここまでほとんどお話の感想はありませんでしたが、
基本、面白い怪獣映画です。
映画館で観るべき。
そして、日本のゴジラの逆輸入をめいっぱい楽しむべき作品です。

続きはネタばれとしてストーリーに触れますが、
まぁ、それほどのネタばれでもなく、基本は怪獣が暴れるのを
大きなスクリーンで見ることがメインですから、軽い感じで。
それでも、ネタばれ含みますから、そういうのが嫌な人は、お気をつけて。
web拍手 by FC2
 
04
 
今日は早朝から行動。
6:30起床で7:30出発。
名探偵ピカチュウ を観に行ってきました。
kkm188-01.jpg
もともとちび姫と行くつもりでいたんですが、
なんとなくあね姫誘ったら、ちび姫よりも乗り気で行くということに。
ただ、午前中からバイトがあるから、初回のを観てすぐに地下鉄に乗る計画。
日程も、今日しかダメだったんでね。

ということで、公開初日で初回上映に臨みました。

ちなみに私は微妙にポケモン世代より上の世代でして、
全く昔のポケモン知りません。
アニメも観ないし、ゲームもしない。
だけど、最近スマホゲームのポケモンGOにはまってまして、
キャラクターだけは知っている状態。
このキャラクターが実写でどう活躍するのか見てみたかったのと、
春休みにちび姫を映画に連れていけなかったってのが重なって、今回の選定になりました。

まぁ、基本的には面白くないよね。
そんな気持ちで、ポケモンの動きを見るだけの映画と決めつけて観たんですが
これがどうして、結構面白かった。
昔はアニメと実写の合成映画がたまにありましたが、
本当に2次元アニメで、それはそれでありなのですが、やっぱり違和感。
それが、今の時代はCGが素晴らしい。
恐竜だって現世によみがえりますからね。

私にとっては、ポケモンと人間が共に暮らすライムシティーの映像に
違和感は覚えませんでした。
そりゃ、ポケモンを私以上に全く知らない人からすると、違和感の塊なのでしょうが。
2次元アニメに慣れ親しんだ人にとっては、ピカチュウやカビゴンがモフモフなのは
いかがなもんか、コダックに細かい羽が生えているのは違うんじゃないか って感想もあるかもしれません。
私はこの映画を観るにあたっての絶妙な先入観のなさなのだったと思います。
すごくリアル。

ま、リアルじゃないですが、リアルだとこんな感じなんだろうなぁってリアル。
ガンダムをリアルだどうだというのに似ていますね。
そしてストーリーは、主人公の父親で探偵のハリーが事故で亡くなってしまうところから始まる。
息子で主人公のティムは、父親の遺品整理のために遠く離れたポケモンが共に暮らす
ライムシティーの家に。
そこで出会うのが、記憶を失ったピカチュウ。しかもティムにはピカチュウの話す言葉が分かってしまう。
ピカチュウの直観は、ハリーが生きていると告げており、半ば無理矢理にティムを
真相解明のパートナーにする。
父親の死の謎を追ううちに、巨大な陰謀に巻き込まれていく・・・。

てな感じで、なんとなくノリはハードボイルドに寄せている感じ。
絵やキャラクターは子供向けですが、
大人でもある程度楽しめるストーリー展開です。
原作は、その名もずばり“名探偵ピカチュウ”というゲームらしいです。
つか、そんなゲームがあったことすら知らないです。
同じようなストーリーなら、結構凝っていたんだなと思いますが、どうなんでしょうか?

ポケモン好きなら観に行っても大丈夫。
実写版はヤバいってのが通説ですが、そこはさすがのハリウッド。
面白かった。
最初にハードルがかなり低かったというのもありますが、
かなりおもしろいと思いましたよ。
続編も企画進行中とのことで、その時はまた劇場で視聴決定です。

次はネタバレコーナー
web拍手 by FC2
 
29
 
「ゴールデン・ウィークはどこか行ったりする予定あるんですか?」
休みに入る前に何度となくされた質問です。
そのたびに
「いやぁ、何にも予定ないんですよねぇ。」
と、予定がないことを若干恥じながら答えてました。
こんなことを聞かれるんだから、聞いてくる人みんな、何かしら予定があるんだろうなぁと思ってました。
おそらくはみんなどっか旅行なんか行くんだろうなぁと。

で、今日、梅田へ出てみたら、すごい人。
みんな旅行なんか行かず、近場で済ませてんじゃん。
それもそのはず、今日の夜のニュースでは、この休みに海外に出かける人は
2.2%だって。75%が家でダラダラだって。
じゃあ、私が質問のたびに若干恥じていたのはなんだったのか。
大多数の行動と同じじゃんか。
恥じて損した。

さて、今日は奥さんと映画観てきました。
kkm187-01.jpg
アベンジャーズ エンド・ゲーム です。
アヴェ じゃなくて、アベ ね。
国でウに濁点は使わないようにしましょうとなりましたからね。

さて、アベンジャーズ、完結編です。
10年の長きにわたり個別作品から集合作品のアベンジャーズまで
計20作品を越える作品の終着点です。
これを見逃すわけにはいきませんからね。

結局前作から、劇場ではアントマンとキャプテン・マーベルを観たのみで
ドクター・ストレンジや、マイティ・ソー バトルロイヤルも観れませんでした。
それでも、奥さんもテンションが上がっていたので、公開すぐに観ることに。

結論としては、
「面白い!さすが完結編!完結編らしい完結編!」
ということに尽きます。
そして、ネタバレはご法度ということが事前にアナウンスされていましたが
観て納得、ネタバレしちゃうと面白さ半減どころではないです。
これまでの作品の帰結というには、単純な表現ですが
でも、まさしくそうで、完璧です。

香港のとある映画館で、上映終わりの男性客が
映画館を出るときに、ネタバレを大声で叫んで、
これから観る観客に袋叩きにされたというニュースを見ましたが、
これは致し方ないこと。
つか、この男性の動機もよくわかりませんがね。

で、ネタバレに触れないように感想を書こうと思ったんですが、
これが非常に難しい。
あらすじ書くだけでネタバレになってしまいます。
なので、今回は続きのネタバレコーナーもなし。
とにかく劇場で楽しんでください。

言えることは、初期のアベンジャーズメンバーが初心に帰って大活躍するということ。
これが、やっぱり落ち着くのかもしれませんね。
いろんな新しいヒーローが出てくるのはいいんだけど、なじみのメンツがそろうと
それだけで安心感が生まれます。
前作はまさにその布石でもあったんだなと思いますね。

ということで、ほぼ何もわからない記事となりましたが
観るべき映画です。
そのうちネタバレがネットでも流れ出すと思われますので、お早めに。







ブログランキングに参加しました。
↓↓クリックお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ  
にほんブログ村

web拍手 by FC2
 
09
 
また、秘密のお仕事が動き出しました。
そして、今週は取締役会。
今週は忙しくなりそうですね。
今日も帰宅は23:00。
今週乗り切れるか?

話はさかのぼって昨日ですが、
昨日記事でも触れていましたが、お花見の前に映画に行っていました。
kkm186-01.jpg
キャプテン・マーベルです。
4月の終わりには、アベンジャーズ エンド・ゲームが公開されるため
早めに観ておかないとということで、半ば強引に奥さん誘って観てきたわけです。

MCU(マーベル・シネティック・ユニバース)の前作、インフィニティ・ウォーの次の作品。
最後にニックがポケベル的なので呼び出していた最後のヒーローです。
女性ヒーロー。
初の女性ヒーローですよね。
メンバーのブラック・ウィドゥは、普通の人間で、身体能力に優れた暗殺者ってことで
単独の作品まではいっていませんでしたからね。
私的には、ポッと出のヒーローなのですが、そうではないみたいですね。

ストーリーは、このキャプテン・マーベルことヴァースが、クリー帝国(宇宙の地球ではない惑星のね)の
屈強な戦士として、争っているスクラル星人との戦闘から始まります。
この戦闘で敵に捕まってしまったヴァースは記憶を読み取られて
地球の近くまで連れてこられます。
ここで覚醒したヴァースはスクラルの宇宙船から脱出し、地球に不時着。
同時に追ってきたスクラル星人と闘いながら、ニック・フューリーと出会います。
闘いながら、自分のかけている記憶を徐々に取戻し、
自分の出生の秘密を知ると同時に、クリー帝国の真実の姿を知る。

といった感じで、少しサスペンス的な要素も取り入れつつ
ヒーロー映画として、きっちりと完成している作品でした。
非常に面白い。
MCUのアべンジャーズ以外の作品ではトップに入る面白さではないでしょうか?
最後の戦いは圧巻ですしね。
このヒーロー、最強なんじゃないの?
この最強ヒーローが次のエンド・ゲームでは大活躍するんですよね。
もうね、勝ったも同然じゃないですか?

次作は、今までのMCUシリーズの完結編。
その直前でのキャプテン・マーベルですからね。
楽しみですね。
もう1か月以内で公開されるという、このスピード感もたまりませんね。
この映画の前にもう予告編がやっていましたから。

おそらく、このシリーズが好きな人で、この作品を外す人はいないと思うのですが、
もう時間があまりありませんから、速めに鑑賞することをお勧めします。

では、続きはネタバレ編です。
web拍手 by FC2

今何時?


by WANPA

プロフィール

ツヨ

Author:ツヨ
エアブラシ塗装を覚えて、マイガンプラブームが再来した30代半ばの2児の父です。エアブラシによる塗装をメインに難しい改造は行わない、中途半端なガンプラモデラーです。

FC2カウンター

最新記事

パダワンの投稿ギャラリー

MG投稿ギャラリー GPMG
これまでに投稿したMGのギャラリーページです。

カテゴリ

最新コメント

関西仮組ホームページ

関西仮組HP

ユーザータグ

インスタってます

インスタグラム始めました

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

更新チェック!

リンク

ツイッてます

コンペ参戦予定

ずをコン

ずをコン2010 ずをコン賞! zuwocon.gif
ガンプラ一年戦争
 
ずをコン3rd 参戦! ずをコン3rd会場へ
セラヴィー3Gで参戦!

今度はMSVだ!

ランキングサイト

お気軽にポチッてください。 モチベ向上します。

RSSリンクの表示

リンクバナー(ご自由に)

banner12060.jpg  サイズ:120×60ピクセル banner20090.jpg  サイズ:200×90ピクセル banner20040.jpg  サイズ:200×40ピクセル

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
Copyright © ツヨ / Designed by Paroday
まとめ